EXCEL VBA シート名の一覧を作成する方法!

シート名の書き出し

エクセルでシートごとにデータを管理しているとシート名の一覧を書き出したい時があると思います。シートが数個でしたら手作業ですぐに終わりますが、数十から百ぐらいあると、さすがに手作業はきついと思います。

シート名の一覧を作成する作業はVBA(Visual Basic for Applications)を使えば一瞬で終わります。しかも簡単な数行のコードを書くだけで作成できますので、今回、VBAでシート名の一覧を書き出す方法を紹介します。

「開発」タブを表示する

エクセルでVBAを入力するのに必要な「開発」タグは初期設定では、表示されていませんので、最初に設定を変更して表示します。

エクセルを起動して「ファイル」をクリックします。

ファイルをクリックする

「オプション」をクリックします。

オプションをクリックする

「リボンのユーザー設定」→「開発」にチェックを入れて「OK」をクリックします。

開発タブ

「開発」タブが表示されます。

開発タブの表示

シート名の一覧を書き出す

「開発」タブから「Visual Basic」をクリックします。

VBA

「挿入(I)」から「標準モジュール(M)」をクリックします。

標準モジュールの挿入

コードを挿入します。

Sub Sheet_list()
    
    Dim i
    
    For i = 1 To Sheets.Count
        
       Cells(i, 1) = Sheets(i).Name
    
    Next i

End Sub
コード挿入

「▶」実行ボタンをクリックします。

実行ボタン

シート名の一覧を書き出すことができます。

シート名の一覧

さいごに

VBAを使えば、あっという間にシート名の一覧を書き出すことができたかと思います。今回のように簡単なコードを書くだけで作業の効率化を図れることもあります。
今後もいろいろとコピペで使える効率化を紹介していきたいと思います。今回の記事が皆さんの作業効率化に役立てれば幸いです。

シェアしてくれるとうれしいです!
YU SAKURAI
YU SAKURAI
ABOUT この記事を書いた人
北海道在住の社内SE 日々の業務を通じてITの世界に貢献しています。新しいガジェットやサービスに対する情熱が止まらず、最新のテクノロジーを探求するのが趣味、仕事をより効率的に改善する方法を探し続け、その成果やアイデアをブログで共有しています。ITとテクノロジーの世界で新たな発見や学びを共に楽しんでいきたいです。