EXCEL VBA ブックの自動実行を止める方法!

ワークブックオープン

EXCELマクロが組み込まれたファイルを開くと、自動的にマクロが起動するファイルがあります。

クリックすると自動的に処理をしてくれるので、ありがたい仕組みではありますが、自動的に実行してほしくない時があります。

例えば、処理を行う前のEXCELファイルの状態を確認したい時、もしくはマクロの修正など、プログラムにバグがあった場合などは特に自動的には実行してほしくないと思います。

Excel ファイルを開いた時の自動実行の仕組み

EXCLELのファイルを起動したときに自動的に実行するのは仕組みは

VBAの Workbook_Open() イベントプロシージャ-になります。

下の Workbook_Open() はファイルを開いた時に「こんにちは」とメッセージを表示します。

VBAのコード

ファイルを起動すると「こんいちは」とメッセージが表示されます。

ファイルオープン

Excelマクロ 自動実行 止める

Excelマクロを実行したくない時はキーボードの「Shiftキー」を押しながらExcelファイルをダブルクリックします。

Shiftキーを押しながらダブルクリック

マクロが実行されずにファイルを起動することができます。

マクロが実行されない

さいごに

Excelファイルのマクロの自動実行を止めたいのは開発者だけでなく、ファイルを使うユーザーマクロの使用者の方も多いです。

VBAで「Workbook_Open()」で自動的に起動するファイルを作成した時は、マクロの起動を止める方法も使用者に教えておいた方がいいと思います。

シェアしてくれるとうれしいです!
YU SAKURAI
YU SAKURAI
ABOUT この記事を書いた人
北海道在住の社内SE 日々の業務を通じてITの世界に貢献しています。新しいガジェットやサービスに対する情熱が止まらず、最新のテクノロジーを探求するのが趣味、仕事をより効率的に改善する方法を探し続け、その成果やアイデアをブログで共有しています。ITとテクノロジーの世界で新たな発見や学びを共に楽しんでいきたいです。