「極める」マニュアル作成の強い味方! プリントスクリーン

printscreen 極める

パソコンの画面をコピーして画像を保存する方法であるプリントスクリーン(スクリーンショット)はマニュアル作成やプレゼンなど資料作成に欠かせない機能です。

プリントスクリーンは全画面や部分的にプリントしたりアクティブウィンドをプリントする方法など複数のやり方があります。プリントスクリーンのショートカットキーを覚えてマニュアルなどの資料作成を効率化しましょう。

プリントスクリーン 全画面

全画面をプリントスクリーンする

全画面プリントスクリーン

キーボードの「Print Screen(「PrtSc」)」キーを押します。

「print Screen」キーを押す

画像をWordやExcelに貼り付けたい場合は「Ctrl+V」で貼り付けます。

「Ctrl」+「V」をクリック

画像として保存したい場合はペイントソフトを起動して「Ctrl+V」で貼り付けて「ツールバー」の「ファイル」から「名前を付けて保存」をします。

プリントスクリーン アクティブウィンド

ウィンドのみプリントスクリーンしたい場合

アクティブウィンドのみ

「Alt」キーを押しながら「Print Screen」キーを押します。

たくさんウィンドを開いている場合はいちばん手前に表示しているウィンドがプリントされます。

「Alt」+「Print Screen」

プリントスクリーン 部分的にプリントする

指定した部分のスクリーンショット取りたい場合

部分的にプリントスクリーン

指定した部分をプリントスクリーンしたい場合はWindows 10と11で方法が違いますので順に説明していきます。

Windows 10の場合

「タスクバー」の「通知ボタン」をクリックして「画面領域切り取り」をクリックします。

(画面領域切り取りが表示されていない場合は「展開」をクリックします。)

通知から画面領域の切り取りをクリックする

プリントしたい部分を範囲指定するとプリントされます。

指定範囲をクリックする

Windows 11の場合(Windows10でも使用ができます)

ショートカットキーを使った手順になります。

「Windows + Shift + S」

「Windows + Shift + S」

画面切り取りツールが起動します。

画面の切り取りたい部分を範囲指定するとプリントスクリーンされます。

プリントスクリーン そのまま画像として保存したい

プリントスクリーンをしてOfficeファイルに貼り付けるのではなく画像として保存したい場合もあると思います。ペイントソフトを使って保存するやり方もありますが、フォルダに直接保存することも可能です。

ショートカットキー 

「Windows + Print Screen」

「Windows + Print Screen」

画像が保存される場所は

エクスプローラを開き「PC」→「ピクチャ」→「スクリーンショット」に保存されます。

ピクチャーを開く

もし、保存場所を変更したい場合はフォルダを右クリックして「プロパティ」を開きます。

①タブ「場所」をクリックします。

②「移動」をクリックして保存場所を指定します。

③「適用」をクリックします。

スクリーンショットの保存場所を変更する

「元の場所のすべてのファイルを、新しい場所へ移動しますか?」と表示されます。「はい」をクリックします。

もし、たくさん画像を保存している場合は「はい」をクリックすると画像がすべてデスクトップへ移動します。画像だらけになる場合は「いいえ」をクリックします。

フォルダの移動

これで「Windows + Print Screen」でデスクトップ上に画像が保存されます。

プリントスクリーン そのまま印刷したい

プリントスクリーンを印刷したい場合はペイントソフトに貼り付けて保存します。

①「ファイル」をクリックします。

②「印刷」をクリックします。

③「印刷」をクリックします。プリンターを選択して印刷をします。

印刷する前にプレビューで確認しましょう。

ペイントソフトを使って印刷

「Windows + Print Screen」で画像をフォルダに保存した場合はファイルを右クリックして「印刷」をクリックします。

Windows11の場合はファイルを右クリックした後に「その他のオプションを表示」→「印刷」になります。

フォルダから印刷

あとはプリンターとサイズを指定して「印刷」をクリックします。

印刷設定

プリントスクリーン できない!

ノートパソコンの場合「Print Screen」を押してもプリントできないという事がおきます。これは使っている機種によってできないことがあります。

出来ない機種は「Print Screen」が他のキーと一緒になっている場合によくおきます。

プリントスクリーンが他のキーと一緒になっている

ノートパソコンの場合、下のショートカットキーを試してみましょう

「Fn」+「Print Screen」

もし、できない場合は、お使いの「パソコン機種名」と「プリントスクリーンの方法」と入力してグーグルなどで検索してみてください。

最後に

以上でプリントスクリーンの撮影方法でした。Windows標準の機能でもデスクトップ上の画面を撮影することが可能です。

マニュアル作成で使うことが多いプリントスクリーン。撮影方法をしっかり覚えて作業の効率化を進めましょう。

また、パソコン画面を保存する方法は情報共有やパソコンの異常や問題などを共有する時にも役立ちます。いろいろな場面でプリントスクリーンをぜひ、活用してください。

シェアしてくれるとうれしいです!
YU SAKURAI
YU SAKURAI
ABOUT この記事を書いた人
北海道在住の社内SE 日々の業務を通じてITの世界に貢献しています。新しいガジェットやサービスに対する情熱が止まらず、最新のテクノロジーを探求するのが趣味、仕事をより効率的に改善する方法を探し続け、その成果やアイデアをブログで共有しています。ITとテクノロジーの世界で新たな発見や学びを共に楽しんでいきたいです。