Gmail 不在通知の設定方法!

top

こんにちは、Gmail ユーザーの皆さん。今回は、Gmail で不在通知を設定する方法についてご紹介します。

不在通知とは、休暇中やインターネットに接続できない場所にいるときなど、Gmail アカウントを使用できない場合に、メールを送信してきた相手に自動的に返信されるメッセージのことです。

不在通知を設定することで、すぐには返信できないことを相手に伝えることができます。では、不在通知の設定方法を見ていきましょう。

不在通知をオンにする

まず、パソコンで Gmail を開きます。

右上にある設定アイコン 「すべての設定を表示」 をクリックします。

全ての設定を表示

「不在通知」 全般タブの下へスクロールします。 [ 不在通知 ON] を選択します。

不在通知

①期間を設定します。終了日が決まっている場合は「終了日:」にチェックを入れて日付を設定します。

②「件名」を設定します。例 ◯月◯日~◯日まで、〇〇のため不在にしております。

③メッセージを入力します。

このメールは自動返信によって送信されています。

ご連絡ありがとうございます。

誠に申し訳ございませんが、◯月◯日~◯日まで〇〇のため不在にしております。
恐れ入りますが、◯日から営業を再開いたしますので、今しばらくお待ちください。

もし、お急ぎのご用件がございましたら、お手数ではございますが、弊社〇〇まで、ご連絡いただけますと幸いです。

④連絡先に登録されているユーザーのみ不在通知を送信する場合は、メッセージの下にある 「連絡先リストのメンバーにのみ返信する」 チェックボックスをオンにします。

⑤さいごにページ下部にある [ 変更を保存] をクリックします。

これで、不在通知がオンになりました。他のユーザーがあなたにメールを送信すると、自動返信の設定で記載した内容のメールが相手に返信されます。

さいごに

以上が、Gmail で不在通知を設定する方法でした。休暇や出張などでしばらくメールチェックができない場合は、ぜひ活用してみてください。

シェアしてくれるとうれしいです!
YU SAKURAI
YU SAKURAI
ABOUT この記事を書いた人
北海道在住の社内SE 日々の業務を通じてITの世界に貢献しています。新しいガジェットやサービスに対する情熱が止まらず、最新のテクノロジーを探求するのが趣味、仕事をより効率的に改善する方法を探し続け、その成果やアイデアをブログで共有しています。ITとテクノロジーの世界で新たな発見や学びを共に楽しんでいきたいです。