小学校低学年でプログラミングを学ぶメリットは何ですか?

プログラミング

お子さんが小学校低学年でプログラミングを学ぶべきかどうか、お悩みではありませんか?

今回は、小学校でプログラミングを導入するメリットや最適な方法、おすすめの教材などをご紹介します。

お子さんにプログラミングを導入したい方、すでに習うべきかどうか悩んでいる方は、ぜひご一読ください。

小学校低学年でプログラミングを導入するメリット

小学校低学年からプログラミングを導入することには、いくつかのメリットがあります。

なかでも大きなメリットは、幼少期からプログラミングを教えることで、デジタル社会をうまく切り抜けるために必要なスキルが身につくということです。

Code.org(学生による計算機科学の勉強を支援するアメリカの非営利団体)が行った調査によると、コンピュータサイエンスの仕事は他の職業の2倍以上の割合で増えています。

親が子供に将来なってほしい職業にITに強いエンジニアやプログラマーがベスト3に入っていることを考えるにお子さんが早いうちにコンピュータサイエンスの基礎を学ぶことによって将来、コンピューター系の分野で活躍する可能性も高まります。

さらに、プログラミングの学習は、問題解決と批判的思考を促します。これは、お子さまが日常の問題に対する創造的な解決策を編み出し、創造性を促進するのに役立ちます。

プログラミングを早くから取り入れることのもう一つの利点は、子どものコミュニケーション能力の発達を助けることです。

プログラミングでは、コンピューターに指示を伝えるために言葉を使う必要があります。そのため、お子さまは言葉を正確に使い、自分の考えをより慎重に表現することを学びます。

プログラミングの導入に最適な方法を選ぶ

プログラミングを子どもに紹介するときは、小さなことから少しずつ積み重ねていくことが大切です。

まずはプログラミングの基礎から始めるのがよいでしょう。そうすることで、子どもは将来の学習のためのしっかりとした基礎を築くことができます。

まずは「前進」「左折」「右折」といった簡単な命令から始め、命令とその使い方に慣れさせます。基本的なことを学び、言葉を理解したら、より複雑なコンセプトを探求していくことができます。

おすすめはパソコンなしでも学べるプログラミングあそび

4~11歳の子どもが親と一緒に楽しめる工夫された一冊。これならお子さんもストーリーを楽しみならプログラム思考を学べます。

created by Rinker
¥1,980 (2023/02/06 22:24:08時点 Amazon調べ-詳細)

低学年がプログラム的思考を学ぶのに最適な一冊。

プログラミングを導入するための言語を選択する場合、さまざまな選択肢があります。私たちは、理解しやすく、複雑ではない言語を選ぶことをおすすめします。そうすることで、子どもはより簡単に学ぶことができ、プログラミングに対する興味を持つことができるようになります。

小学生にプログラミングを導入する際のおすすめポイント

小学校低学年のうちは、ビジュアルプログラミング言語を用いてプログラミングを導入することをおすすめします。

ビジュアルプログラミング言語とは、グラフィカルなアイコンでコードを表現するため、子どもにとって理解しやすく、解釈もしやすくなります。

さらに、これらの言語は非常にインタラクティブであるため、お子さまは学習しながらコードを操作し、構文やその他のエラーを心配することなく、間違いを犯すことができます。

おすすめのビジュアルプログラミング言語のひとつにMITのScratchのようなプラットフォームを利用することです。

Scratchのサイト https://scratch.mit.edu/

Scratchは、8歳から16歳の子供向けに設計されたクリエイティブなコーディングプラットフォームです。コードの視覚的なブロックを使用するため、子どもたちがプログラミングの基礎を学びやすくなっています。

低学年でプログラミングを導入するメリットとデメリット

プログラミングを導入する際には、メリットとデメリットを考慮することが重要です。

プログラミングを学ぶメリット

プラス面では、プログラミングを導入することで、ユニークなスキルセットと、批判的かつ論理的な思考力を身につけることができます。

その結果、より優れたコミュニケーション能力と問題解決能力を身につけることができます。

さらに、数学とプログラミングのスキルをしっかりと身につけることができ、さまざまな分野に応用することができます。

プログラミングを学ぶデメリット

低学年でプログラミングを導入することの最大の欠点は、プログラミングを教えるために必要な時間とリソースの量です。

プログラミングを教えることは、教室で多くの時間を費やし、他の科目や教育トピックを奪ってしまうこともしばしばです。

さらに、プログラミングには多くの忍耐力が必要で、生徒によっては難しい場合もあります。

また、プログラミングは問題解決のために実践的なアプローチを必要とすることが多いため、生徒の理解度を評価することも難しい場合があります。

まとめ

小学校低学年でプログラミングを導入することは、問題解決能力、批判的思考、数学とプログラミングのスキルなど、お子さんにとって多くの利点がある。

さらに、創造的な思考、正確な指示、より良いコミュニケーション能力を身につける機会を与えることができます。

しかし、最大の短所は、プログラミングを教えるのに必要な時間と資源の多さ、そして生徒の理解度を評価することの難しいことです。

プログラミング的思考を学ぶ
プログラミング言語
ロボットプログラミング