「新しいスキル」を身につける。40代から覚えるタッチタイピングのコツ!

タッチタイピング覚える

40代、50代でパソコンの世界に足を踏み入れたばかりの人にとって、キーボードのタイピング・ブラインドタッチの習得は苦労するかもしれません。でも、そんなことはありません

この記事では、基本的なタッチタイピングを習得し、新しいスキルを身につけるためのヒントやアドバイスを紹介しています。

これからパソコンを始める方、タッチタイピングを学ぶためのステップバイステップガイドが必要な方は、ぜひ読み進めてください。

タッチタイピング入門

タッチタイピングはブラインドタイピングとも呼ばれ、キーボードを見ずにタイピングする練習です。

タッチタイピング

タイピングの速度と精度が向上し、単語や文章をより少ないミスで入力することができます。キーボードを見ずにタイピングするためには、視覚的なフィードバックなしに個々の文字、数字、特殊文字を探し出すことを学ばなければなりません。

タッチタイピングのメリット

40代や50代にとって、タッチタイピングを覚えることは、人とのつながりを保ち、テクノロジー学びに若い人たちに遅れをとらないための素晴らしい方法となります。

タッチタイピングは、最新のテクノロジーに対応するための基礎であり、出来るようになれば、電子メールや文書、その他のオンライン作業を行う際の時間短縮にも役立ちます。また、正確さと生産性の向上にもおおいに役立ちます。

生産性向上につながります。

タッチタイピングを始める

タッチタイピングを始めるのは、初めての人には少し難しいかもしれません。まず、キーボードのレイアウトに慣れることが大切です。

キーボードの配置

文字、数字、記号がキーボードのどこに配置されているのか、少し時間をかけて覚えてください。また、手を正しい位置に置き、ゆっくり丁寧に練習することが大切です。

タッチタイピングの練習方法

タッチタイピングを練習するには、さまざまな方法があります。最も効果的な方法の1つは、オンラインのチュートリアルを見つけて、それに沿ってステップバイステップで練習することです。

オンラインにはさまざまなチュートリアルがあり、間違いを恐れず練習するのに最適な方法です。さらに、無料でダウンロードできるタッチタイピングプログラムも数多くあります。

オンラインでタイピング練習ができる e-typing

https://www.e-typing.ne.jp/

タッチタイピングをもっと楽しむために

タッチタイピングの練習をするときは、より楽しくできるようにするとよいでしょう。例えば、他の人と競ったり、目標を立てたりして、競争心を高めることができます。また、1分間に何文字打てるか、自己ベストを更新できるかなど、練習をゲーム化することが大事です。

流れてくる回転ずしをどれだけ元を取れるか競うゲーム 寿司打

https://sushida.net/

タッチタイピング習得のための重要ポイント

タッチタイピングを習得するためには、いくつかのポイントがあります。手首をリラックスさせた状態で、正しい指を使ってキーを打つことが大切です。

うまくいかない、思った通りに指がうごかない時は手首を伸ばしてみよう!

リラックスしよう

また、キーボードを見下ろさず、まっすぐ前を見ることも大切です。キーの位置を覚えるのに時間がかかるかもしれませんが、継続して練習することが大事です。

まとめ

熟年世代がタッチタイピングを習得するのは大変な作業です。しかし、上記のステップを踏んで練習すれば、すぐにタッチタイピングができるようになります。根気よく練習すれば、すぐに速く、正確にタイピングできるようになります。