「無料」OSクローン作成ソフト Acronis True Image for Crucialの使い方!

クローン作成

HDDからSDDへの移行や大容量のハードディスクに換装する際に使用するのがOSのクローン作成ソフト。いつもは「EaseUS Todo Backup Free」を使っていましたが、いつの間にかクローンの作成が有料になっていました。

今回、ちょうどCrucialのSSDに交換するにあたり無料版を探していたらメーカーからOSのクローン作成ソフト「Acronis True Image for Crucial」がありましたので使用してみましたので利用方法を共有します。

他のSSDメーカーもOSのクローン作成ソフトを出しているようです。(例)

Transcend SSD Scope ダウンロードサイト

SanDisk Acronis True Image WD Edition ダウンロードサイト

Acronis True Image for Crucialを使って他社製のSSDをコピーしようとすると「アップグレード」を求められます。 

製品版のページhttps://www.acronis.co.jp/

画像1

Acronis True Image for Crucial  SSDクローン作成方法

コピーするSSDをHDDクレイドルに差し込み電源を入れてパソコンとUSB接続しておきます。

画像2

次にCrucialのダウンロードサイトから Acronis True Image for Crucial をダウンロードします。

ダウンロードサイト

「ダウンロード」をクリックします。

画像3

ダウンロードした「AcronisTurelmage Micron」ファイルをクリックします。

画像4

「インストール」をクリックします。(3分ぐらいかかります)

画像5

「アプリケーション開始」をクリックします。

画像6

「同意する」にチェックを入れて「OK」をクリックします。

画像7

「ツール」の「ディスククローン作成」をクリックします。

画像8

「次へ」をクリックします。

画像9

「次へ」をクリックします。ハードディスクを二つ積んでいる場合はここでクローンを作成するディスクを選択してください。

画像10

コピー先のディスクを選択して「次へ」をクリックします。

画像11

「実行」をクリックしてクローンの作成作業が始まります。

画像12

パーティションのロックが始まりクローンの作成作業が始まります。(作成作業は2時間ほどかかりました。)

画像13

「ディスクのクローンが正常に作成されました」でクローンの作成作業が完了です。

あとはハードディスクを入れ替えて作業の完了です。

画像14

容量を縮小してくSSDクローンを作成する場合

容量の大きなHDD(1T)から容量の少ないSDD(500G)へクローンを作成する場合はパーティションを自動でソフトが調整しますが、どうしても最後の最後でクローンの作成に失敗することがありましたので、その時に対処した方法を共有します。

エラーの要因は、容量の大きいHDDを小さいSSDにクローンを作成しようとしたためエラーが起きたと推測して、HDDのディスクは1Tで使用領域は180Gだったので、クローン先のSSD500Gに合わせるためにHDDのボリュームを縮小しました。

①「スタート」をクリックして「ディスク管理」を開きます。

画像15

①「Windows(C:)」を右クリックして②「ボリュームの縮小」をクリックします。

画像16

①「縮小する領域のサイズ」の数値を調整します。

SSDの容量500G以下になるようにHDDを524000MBを縮小しました。

(縮小する場合はコピー先のSSDの容量に合わせてください。)

最後に②「縮小」ボタンをクリックします。

画像17

これで使用していない「未割り当て」の領域ができました。

画像18

あとは「 Acronis True Image for Crucial 」を使用して通常どおりにクローンを作成してください。

今回の検証に使った機材リスト

windows