Excel 行を削除しても連番を振り直さなくてもいい方法!

自動連番

こんにちは!今日は、Excelで行を削除しても連番を振り直さなくても自動で連番を振る方法を紹介します!

Excelでデータを整理するときに、不要な行を削除することがありますよね。でも、そのときに連番がずれてしまうと困ります。

例えば、以下のような表があったとします。

行を削除

ここで、No.2の鈴木さんの行を削除すると、以下のようになります。

連番がおかしい

No.が2と4の間に飛んでしまっています。これでは見栄えが悪いし、データの管理もしづらくなります。そこで、連番を振り直す方法があります。それは、以下のようにします。

No.の列を選択します。No.の列の一番上のセルに、「=ROW()-2」と入力します。これは、現在の行番号から2を引くという数式です。

Row関数で「B3」は3行目なので「3」です。それにー2を引くことで№1を求めています。

連番を関数で表示する

数式が入力されたセルを選択したまま、右下の小さな四角形(塗りつぶしハンドル)をドラッグして、下のセルに数式をコピーします。

これで、以下のように連番が振り直されます。

この方法なら、行を削除しても連番がずれることはありません。便利ですね!

以上、Excelで行を削除しても連番を振り直さなくてもいい方法でした!

シェアしてくれるとうれしいです!
YU SAKURAI
YU SAKURAI
ABOUT この記事を書いた人
北海道在住の社内SE 日々の業務を通じてITの世界に貢献しています。新しいガジェットやサービスに対する情熱が止まらず、最新のテクノロジーを探求するのが趣味、仕事をより効率的に改善する方法を探し続け、その成果やアイデアをブログで共有しています。ITとテクノロジーの世界で新たな発見や学びを共に楽しんでいきたいです。