iPhoneのパスコードを変更したい!6桁→4桁

パスコード4桁に

iPhoneのロック画面を解除するパスコードは、基本は6桁ですが、指紋認証(Touch ID)や顔認証(Face ID)を使うことが多く、6桁のパスコードだと忘れることありませんか?

iPhoneのパスコードは数年前まで4桁でしたが、セキュリティ等が考慮されて6桁が基本になりました。6桁は大切な個人情報を守る上で必要かもしれませんが、人は忘れやすい。とくにパスワードは何だっけ?という事になりやすいです。

そこで、今回、パスコードを6桁→4桁に変更する方法を紹介します。

iPhone パスコードの変更方法

iPhoneのパスコードを変更方法は「設定」をタップします。

設定

下へスワイプして「Touch IDとパスコード」をタップします。

Touch IDとパスコード

現在、設定しているパスコードを入力します。

パスコードを入力

「パスコードを変更」タップします。

パスコードを変更

現在、設定している古いパスコードを入力します。

古いパスコードを入力

「パスコードオプション」をタップします。

パスコードオプションをタップ

「4桁の数字コード」をタップします。

英数字でパスコードを作成したい場合は「カスタム英数字コード」任意の数の数字コードでパスコードを作成したい場合は「カスタム数字コード」で変更できます。

4桁に変更

2回4桁のパスコードを入力して変更の完了です。

2回入力

さいごに

今回のパスコードを6桁→4桁に変更することによって、パスコードは覚えやすくなりましたが、iPhoneを落とした時には注意が必要です。

推測されやすいパスコードでは、侵入される危険性が高くなります。したがって、4桁の番号に変更する時は安易な番号を設定しないようにして、iPhoneのデータの安全性確保に十分ご注意ください。

シェアしてくれるとうれしいです!
YU SAKURAI
YU SAKURAI
ABOUT この記事を書いた人
北海道在住の社内SE 日々の業務を通じてITの世界に貢献しています。新しいガジェットやサービスに対する情熱が止まらず、最新のテクノロジーを探求するのが趣味、仕事をより効率的に改善する方法を探し続け、その成果やアイデアをブログで共有しています。ITとテクノロジーの世界で新たな発見や学びを共に楽しんでいきたいです。