Google カレンダーに天気予報を表示しよう!

天気予報

天気に左右される仕事と言えば、工事や建築現場、農業、漁業など、雨や風、雪、暑さ気になりますよね。外の仕事だけなく天気次第で来客数や売り上げに大きく変わる仕事もあります。

仕事だけでなくイベントや旅行など、当日の天気が気になり1週間前から毎日チェックしているという事もあると思います。

今では、簡単にインターネットで調べたりスマホ画面に表示することもできますが、天気を予定と連動させたいことありませんか?

Google カレンダーには、天気予報を連動することができます。予定と天気が連動したら予定が立てやすく、天気が悪い場合は早めに対策することもできます。今回は、Googleカレンダーに天気予報を連動する方法を共有したいと思います。

iCal週間天気予報

Google カレンダーに天気予報を追加するには「iCal週間天気予報」を使用します。

iCal週間天気予報(ITエンジニアがときめく自動化の魔法) (masuipeo.com)

リンクを開き下へスクロールすると都道府県ごとの地名が表示されています。

「ical」を右クリックして「リンクのコピー」をクリックします。

次に「Google アプリ」ボタンをクリックして「カレンダー」をクリックします。

「他のカレンダー」の「+」をクリックします。

「URLで追加」をクリックします。

「カレンダーのURL」に「iCal週間天気」でコピーしたURLを貼り付けて「カレンダーを追加」をクリックします。

カレンダーに天気予報が連動することが出来ました。

今日の日付から一週間分の天気を表示することができます。もし、天気予報を外したい時は「他のカレンダー」から「iCal週間天気」のチェックを外します。

最後に

今の時代、天気予報が簡単に調べられますが、太平洋戦争が始まった1941年、天気予報などの気象情報は戦争遂行に必要不可欠な情報のため軍事機密になり気象報道管制が実施され一般の人には天気がまったく知らされなかった時代があるそうです。

「天気予報が消えた」当時は、海が荒れる予定でも天気が伝えられず漁船が遭難したり台風が来ても進路情報が伝えられなかったため農作業も大きな打撃を受けたり大変な時代だったそうです。

天気を予測できることは、「起こりえる災害を最小にすること」ぜひ、カレンダーに表示して天気をチェックしながら予定を入力できるようにしていてはいかがでしょうか。