タスクバーからアプリケーションを素早く起動しよう!

タスクバー

こんにちは、このブログにお越しいただきありがとうございます。今回は、仕事効率化のためにアプリをパソコンのタスクバーに登録する方法についてご紹介します。

こんにちは、このブログにお越しいただきありがとうございます。今回は、仕事効率化のためにアプリをパソコンのタスクバーに登録する方法についてご紹介します。

仕事効率を向上させるためには、よく使うアプリケーションを素早くアクセスできることが重要です。パソコンのタスクバーにアプリを登録することで、アプリケーションの起動が簡単になり、作業のスムーズさが格段に向上します。

Windows タスクバーとは

タスクバーとは、パソコンの画面下部にある横長のバーです。

タスクバー

現在、起動しているアプリや通知領域などが表示されています。

タスクバーを上手に活用すると、よく使うアプリをすぐに開いたり、切り替えたりできるようになります。これは、仕事の効率化に大きく貢献します。

では、具体的にどうやってタスクバーを活用するのでしょうか?よく使うアプリをタスクバーに登録することです。

よく使うアプリをパソコンのタスクバーに登録すれば、マウス操作すぐに起動できることはもちろんのこと、キーボードのショートカットキーを使用してアプリを簡単に起動できます。

それでは最初にタスクバーにアプリを登録する方法を解除する方法そして、ショートカットキーを使ってアプリを起動する方法を紹介します。

タスクバーにピン留め (アプリを登録する)

タスクバーに登録したいプログラムのアイコンを右クリックします。

①例としてメモ帳を登録したい場合はメモ帳を右クリックします。

②「タスクバーにピン留めする」をクリックします。

タスクバーに登録

タスクバーに登録することができました。

クリックするとメモ帳が起動します。

登録

登録したアプリの場所を移動したい時はマウスでアイコンを左クリックしながら移動します。

移動方法

タスクバーのアプリを解除する

タスクバーに登録したアプリを解除する時は

①タスクバーにある解除したいアプリを右クリックします。

②「タスクバーからピン留めを外す」をクリックします。

解除方法

ショートカットキーでアプリを素早く起動する

登録したアプリはマウス操作でクリックして起動もできますが、素早く起動するならショートカットキーがおすすめです。

特にノートパソコンなどタッチパッド使っている場合など、覚えておきたいショートカットのひとつでもあります。

ショートカットキーは覚え方も簡単です。

「Windowsキー+数字キー」でタスクバーの左から順番にアプリを起動できます 。

ショートカットキーで起動

例えば、EXCELを起動したい場合は「Windowsキー」+「5」をクリックします。

注意してほしいことが仮想ディスクトップとTeamsのアイコンは数に入りません。右クリックして解除しようにも解除できないアイコンです。

アプリ以外にも「エクスプローラー」を起動できるので、大変便利なショートカットキーです。

さいごに

仕事効率化を追求する際、アプリケーションをパソコンのタスクバーに登録することは、非常に有益です。このアクションには多くのメリットがあります。

まず、毎日使用するソフトウェアや業務に不可欠なアプリをタスクバーに迅速にアクセスできるように配置することで、作業のスピードと効率が向上します。

作業中にアプリを探す手間を省くことは、集中力を維持し、タスク完了までの時間を短縮する助けになります。

要するに、アプリのタスクバーへの登録は、日常業務を効率化し、ストレスを軽減する重要なステップです。毎日使うソフトウェアや重要なアプリを確実にタスクバーに配置し、仕事のスムーズな進行と生産性の向上を図りましょう。

シェアしてくれるとうれしいです!
YU SAKURAI
YU SAKURAI
ABOUT この記事を書いた人
北海道在住の社内SE 日々の業務を通じてITの世界に貢献しています。新しいガジェットやサービスに対する情熱が止まらず、最新のテクノロジーを探求するのが趣味、仕事をより効率的に改善する方法を探し続け、その成果やアイデアをブログで共有しています。ITとテクノロジーの世界で新たな発見や学びを共に楽しんでいきたいです。