iPhone WiFiのパスワードを簡単に他のiPhoneと共有する方法!

iPhone 共有

こんにちは、iPhoneユーザーの皆さん。今回は、iPhone同士でWi-Fiのパスワードを簡単に共有する方法をご紹介します。

この方法を使えば、友達や家族が自宅に来たときに、面倒なパスワード入力を省くことができます。

さらに、iOS11以降のiPhoneなら、iPadやiPod touchとも共有できます。では、早速見ていきましょう。

Wi-Fiパスワードを共有するために必要な条件

最初にWi-Fiパスワードを共有するためには、以下の条件を満たしている必要があります。

①両方のデバイスがiOS11以降であること

 (Iphoneなら5S以上、iPadなら第4世代以上)

②両方のデバイスでWi-FiとBluetoothがオンになっていること

③両方のデバイスでインターネット共有がオフになっていること

③両方のデバイスがApple IDでiCloudにサインインしていること

④パスワードを教える側のApple IDで使っているメールアドレスが、教える側の連絡先アプリに登録されていること(ここがポイント 連絡先に入っていない場合が多い)

⑤パスワードを教える側のデバイスがWi-Fiネットワークに接続されていること

これらの条件を確認したら、次に実際の操作方法を見ていきましょう。

Wi-Fiパスワードを共有するための操作方法

Wi-Fiパスワードを共有するための操作方法はとても簡単です。以下の手順に従ってください。

パスワードを教える側 デバイスのロックを解除します。

パスワードを共有してもらう側 

①「設定」アプリをタップします。

②「Wi-Fi」をタップします。

③「Wi-Fiネットワーク」をタップします。

設定からWiFiを選択します。

④パスワード入力画面が表示されます。

この時、パスワードを教える側のデバイスを近づけます。

⑤すると「パスワードを教える側」のデバイス、「パスワードを共有」という画面が表示されますのでタップします。

するとパスワードを教えたい側のデバイスが自動的にWi-Fiネットワークに接続されます。

パスワード入力画面

以上でWi-Fiパスワードの共有は完了です。簡単ですね。

Wi-Fiパスワードの共有ができない場合は?

Wi-Fiパスワードの共有は便利な機能ですが、時々うまくいかないこともあります。その場合は、以下の対処法を試してみてください。

  • 共有に必要な条件をもう一度確認してみる
  • 両方のデバイスを再起動してみる
  • パスワード入力画面から手動でパスワードを入力してみる

これらの方法で解決しない場合は、Appleサポートに問い合わせてみてください。

まとめ

今回は、iPhone同士でWi-Fiのパスワードを簡単に共有する方法をご紹介しました。この方法は、自宅やオフィスなどでよく使うWi-Fiネットワークに友達や家族が接続したいときに便利です。

面倒なパスワード入力や調べる手間が省けますし、セキュリティも保たれます。ぜひ試してみてくださいね。

改善効果・利用頻度

★
シェアしてくれるとうれしいです!
YU SAKURAI
YU SAKURAI
ABOUT この記事を書いた人
北海道在住の社内SE 日々の業務を通じてITの世界に貢献しています。新しいガジェットやサービスに対する情熱が止まらず、最新のテクノロジーを探求するのが趣味、仕事をより効率的に改善する方法を探し続け、その成果やアイデアをブログで共有しています。ITとテクノロジーの世界で新たな発見や学びを共に楽しんでいきたいです。