リモートデスクトップはRDPファイルでワンクリック接続。

リモートデスクトップ

遠隔地からパソコンに接続して操作をする技術リモートデスクトップ。社内のシステム担当者にとってなくてはならない技術でサーバーに接続したりヘルプデスクのため接続したりします。

リモートデスクトップでひとつ手間がかかることに接続するためにはコンピューター名とユーザー名を入力することです。一度、接続すれば接続情報を記憶することはできますが、保存された接続情報の表示は最近の10カ所までしか表示されていません。

よく接続する場所、サーバーなどのコンピューター名なら覚えているでしょうがヘルプデスクなどで、ときどきしか接続しない場所のコンピューター名を覚えているわけもなく、使用している人に確認しようにもわからないといことも多々あります。

そこで、接続先や接続するための情報をファイル化してワンクリックで簡単に接続する方法があります。今回はリモートデスクトップ接続をワンクリック化する方法を紹介していきます。

Windowsのリモートデスクトップアプリ

Windowsにはリモートでパソコンを操作する標準ソフトが2種類あります。ひとつはWindowsアプリ版の「リモートデスクトップ接続」、ふたつめがストアアプリ版の「Microsoft リモートデスクトップ」でWindowsアプリ版は標準でインストールされていますが、ストアアプリ版は「Microsoft Store」よりダウンロードしてインストールする必要があります。

各リモートデスクトップ接続の違い

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-server/remote/remote-desktop-services/clients/remote-desktop-app-compare

リモートデスクトップの接続方法( Windows11 )

リモートデスクトップで接続する方法は

①「検索」アイコンをクリックします。

②「リモート」と入力します。

③「リモートデスクトップ接続」をクリックします。

リモートデスク接続

①接続先の「コンピューター名もしくはIPアドレス」を入力します。

②「接続(N)」をクリックします。

リモートデスクトップ接続

①「ユーザー名」と「パスワード」を入力します。

②このアカウントを記憶するにチェックを入れて「OK」をクリックするとリモート先との接続が始まります。

リモートデスクトップユーザー名とパスワード入力

ワンクリック接続 RDSファイル化

先ほどはコンピューター名とユーザー名を入力しましたが「プルダウンメニュー」に表示されるのはリモート先10件までです。接続情報をファイル化してワンクリックで接続するためのアイコンを作成します。

リモートデスクトップを表示して「オプションの表示(O)」をクリックします。

リモートデスクトップ オプションの表示

ここの画面で接続情報を設定します。

「画面」をクリックするとリモートデスクトップで接続する時の画面の解像度を設定できます。

リモートデスクトップ画面

「ローカルリソース」をクリックするとリモート中のオーディオの設定やプリンターやクリップボードの設定ができます。

リモートデスクトップ ローカルリソース

「全般」タブで「名前を付けて保存(V)」をクリックします。

リモートデスクトップ 全般

リモート先がわかるようにファイル名はコンピューター名を付けて「保存(S)」をクリックします。

RDPファイル保存

これでワンクリックで接続できるアイコンが作成できました。

RDPアイコン

リモート接続できない場合

もし、リモートデスクトップで接続できない場合、WindowsのデフォルトではリモートデスクトップはOFFになっています。接続できない場合は設定を確認します。

①「スタート」ボタンをクリックします。

②「設定」ボタンをクリックします。

リモートデスクトップ設定

設定画面を下へスクロールしていき「リモートデスクトップ」をクリックします。

リモートデスクトップ設定

①リモートデスクトップの項目をONに変更します。

②リモートデスクトップのユーザーを限定したい場合は「リモートデスクトップユーザー」をクリックしてユーザー名を入力します。

リモートデスクトップON

最後に

簡単にリモートデスクトップの接続情報をファイル化することができました。ファイル化する意味はワンクリックで接続できるようにすることもありますが、接続情報を相手に配布する時にいちいちコンピューター名やパスワードを連絡しなくてもファイルを配布すれば接続できるようになることもあります。その他にはRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)と連帯するときにワンクリック化した方が使いやすいです。リモートデスクトップの接続情報のファイル化。ぜひ、活用してリモート作業を効率化に役立ててください。