WiFi プロファイルのワンタッチ登録!(Windows編)

wifi

WiFiのパスワード入力は手間だと思いませんか?パスワードがわからなくなることもあります。会社内に複数台のWiFi機器があり1台1台その場所に移動して設定している。出張などで他の支店に行ったときにパスワードがわからない確認しても担当者がいないためわからない。ネットに繋げれずに困ったということありませんか?

基本、WiFiのSSIDとパスワードをXML化しておけばワンクリックで登録することが可能です。新規パソコン設定時に使用者がよく使う場所のWiFiをあらかじめ設定しておけば使用者もWiFiにつながらないという問題はなくなります。

今回はWiFiのSSIDとパスワードをワンタッチで登録するためのプロファイルの作成方法を紹介していきます。

WIFi のプロファイルのエクスポート方法( Windows編 )

プロファイルを出力するためにコマンドプロンプトを立ち上げます。「Windows」+「R」で「ファイル名を指定して実行」のダイアログを開き「cmd」と入力して「OK」をクリックします。

ファイル名を指定して実行

コマンドプロンプトが起動したら「netsh wlan show profile」と入力します。

C:\> netsh wlan show profile

パソコン内に登録されているプロファイルの一覧が表示されますので書き出したいものを控えて置きます。(メモ帳などにコピーしておく)

プロファイルの出力場所としてC:\直下にwifiフォルダを作成します。

プロファイル書き出す時は

「 netsh wlan export profile name=”書き出したいSSID名” folder=C:\wifi」

C:\> netsh wlan export profile name="書き出したいSSID名" folder=C:\wifi

C:\wifiフォルダ内にxmlファイルが作成できました。

WiFiプロファイル

xmlファイルを開いてもらうとわかりますがWiFiのパスワードも暗号化されています。配布する時にパスワードを相手に教えなくて済みます。

Wifiのパスワードを教えたらどんどん他の人に広がっていったり私物のスマホを繋げる人が出て来るのでセキュリティ的にもxmlで配布した方が安心です。

WiFiプロファイルのインポート方法

続いて先ほどエクスポートしたプロファイルを登録したいパソコンにインポートしていきます。

前回と同じようにコマンドプロンプトを開き今度は「netsh wlan add profile filename = C:\wifi\<ファイル名>」と入力します。

netsh wlan add profile filename=c:\wifi\<ファイル名.xml>

プロファイルが登録されているのを確認してください。ただ、このままだと毎回コマンドを打ち込むのも手間がかかります。ワンクリックで登録できるようにバッチファイル化していきます。

メモ帳を開き「 netsh wlan add profile filename = C:\wifi\<ファイル名> 」と入力します。

WiFiプロファイルメモ帳

ファイル名の拡張子を「.bat」にするとバッチファイル化しますので

<ファイル名>.batでファイルを保存します。

バッチファイル化

このようにアイコンの絵柄が変わります。

Wifiプロファイル.bat

WiFiのプロファイル削除したい

登録したプロファイルの削除方法はタスクバーのWiFiアイコンをクリックして「Wi-Fi」を左クリックして「設定を開く」をクリックします。

WiFiのOFF

「既知のネットワークの管理」をクリックして

WiFi設定

不要なWiFiをクリックして「削除」からプロファイルを削除することができます。

WiFiプロファイルの設定削除