ディアルディスプレイ環境はどれくらい作業効率が上がるのか?

ディアルディスプレイ

こんにちは。今日は、画面二つで作業するとどれくらい作業効率が上がるのか、そしてディアルディスプレイ環境を構築するメリットやデメリットについてお話ししたいと思います。

画面二つで作業するということは、ひとつの画面にはメインの作業を表示し、もう一つの画面にはサブ作業や参考資料などを表示するということです。

例えば、資料を作成する場合には、一つの画面には文章を入力して、もうひとつの画面には参考資料などを表示して確認しながら文章を作成することができます。

このようにすることで、作業中に画面を切り替える必要がなくなり、集中力や生産性が向上すると言われています。

では、実際にどれくらい作業効率が上がるのでしょうか?

ディアルディスプレイ環境のメリット

これには、個人差や作業内容によっても異なりますが、一般的には20%から50%程度の効率向上が見込まれるという研究結果があります。

例えば、マイクロソフト社では、ディアルディスプレイ環境を導入した社員の作業効率が平均で29%向上したという報告があります。

また、ニューヨーク大学では、ディアルディスプレイ環境で文章を書く学生の方が、シングルディスプレイ環境で書く学生よりも約40%早く書き終えたという実験結果があります。

このように、画面二つで作業することは、時間やコストの節約にもつながります。

しかし、それだけではありません。画面二つで作業することは、ストレスや疲労の軽減にも効果的です。

画面を切り替えることは、目や脳に負担をかけることになります。

特に、画面のサイズや解像度が異なる場合には、目の焦点や視野角の調整が必要になります。これは、無意識的に行われることですが、長時間続けると目の疲れや頭痛などの症状を引き起こす可能性があります。

画面二つで作業することで、このような負担を減らすことができます。

ディアルディスプレイ環境を構築するにあたり注意すること

さて、ここまで画面二つで作業するメリットについてお話ししましたが、ではどうやってディアルディスプレイ環境を構築するのでしょうか?

実は、それほど難しいことではありません。必要なものは、以下のふたつです。

  • 2台のモニター
  • モニターを接続するケーブル

まず、2台のモニターを用意します。できれば、同じサイズや解像度のものが望ましいです。

2台のモニターの画面サイズが違うとウインドウの移動がしづらかったり解像度が違うと同じくウィンドウのを移動するときに大きさがいきなり変わったりします。

次にパソコンとモニターを接続するケーブルには注意が必要です。

パソコン1台で2台のモニターを接続する場合はケーブルの規格がパソコン側とモニター側で合わない可能性があります。特に同じモニターを使う場合はケーブルの確認は必須です。

ディスプレイ1台とノートパソコンでディアルディスプレイを行う場合もケーブルの確認が必要です。こちらの場合はモニターとノートパソコンのケーブルの規格が合わないことが多いので変換ケーブル等を使用することが検討した方が良いです。

ディアルディスプレイ環境のデメリット

ディアルディスプレイ環境には、もちろんデメリットもあります。例えば、以下のようなものが挙げられます。

  • スペースや電力の消費が増える
  • 画面間の色や明るさの差が気になる
  • 画面二つで作業することに慣れるまで時間がかかる

しかし、これらのデメリットは、メリットに比べれば小さなものだと思います。また、設定や調整によって、これらのデメリットを軽減することも可能です。

さいごに

以上、画面二つで作業するとどれくらい作業効率が上がるのか、そしてディアルディスプレイ環境を構築するメリットについてお話ししました。

画面二つで作業することは、多くの人にとって有益なことだと思います。もしまだ試したことがない方は、ぜひ一度試してみてください。きっと作業が快適になりますよ。

画面二つで作業するとどれくらい作業効率が上がるのか、そしてディアルディスプレイ環境を構築するメリットやデメリット

シェアしてくれるとうれしいです!
YU SAKURAI
YU SAKURAI
ABOUT この記事を書いた人
北海道在住の社内SE 日々の業務を通じてITの世界に貢献しています。新しいガジェットやサービスに対する情熱が止まらず、最新のテクノロジーを探求するのが趣味、仕事をより効率的に改善する方法を探し続け、その成果やアイデアをブログで共有しています。ITとテクノロジーの世界で新たな発見や学びを共に楽しんでいきたいです。