iPhone・iPad 文字修正時にカーソルをうまく動かせない!

カーソル

iPhoneでSafari、Chromeなどテキストフィールドに文字を入力したり、時にはメモに長い文章を入力することがあると思います。その時に画面上のキーボード(オンスクリーンキーボード)を使って入力する方が大半かと思います。

文字の入力間違えた時や文中に文字を追加した時にテキストフィールドのカーソル位置を変更するのむずかしくありませんか?

指でタッチして修正したいところにカーソルを動かそうとしても、カーソルが思うように動かない。何度やってもひとつ隣の位置へiPhoneで文字修正作業はいつもイライラしている方は多いと思います。

そこで、iPhoneのカーソルを自由に動かす裏技を紹介します。

iPhoneのカーソルを自由自在に動かす

最初にiPhoneのキーボードでスペースまたは空白キーを長押しします。

すると、キーボードの文字が消えます。

そのまま指をスライドさせるとカーソルが左右に動きます。

タッチでは思うように動かせなかったカーソルが簡単に指をスライドさせて移動させることができるようになります。しかも、カーソルの位置を正確に調整できます。

さいごに

いかがでしたか。iPhoneのカーソル位置調整方法。知っていると知らないとでは、かなり作業効率が違います。iPhoneの小技ですが便利ですが覚えておいて損はない技です。iPhoneのカーソルの移動に不便を感じていた方に役立っていただければ幸いです。

改善効果・利用頻度

改善効果
シェアしてくれるとうれしいです!
YU SAKURAI
YU SAKURAI
ABOUT この記事を書いた人
北海道在住の社内SE 日々の業務を通じてITの世界に貢献しています。新しいガジェットやサービスに対する情熱が止まらず、最新のテクノロジーを探求するのが趣味、仕事をより効率的に改善する方法を探し続け、その成果やアイデアをブログで共有しています。ITとテクノロジーの世界で新たな発見や学びを共に楽しんでいきたいです。