「教えてファイルの保存場所」すぐに教えるパスのコピー方法!

パスのコピー

こんにちは、Windows ユーザーの皆さん。今回は、Windows でファイルやフォルダーのパス(アドレス)を簡単にコピーする方法をご紹介します。

パスとは、ファイルやフォルダーがどこにあるのかを示す文字列のことです。

例えば、「D:\ミーティング\議事録.docx」というのがパスです。

パスをコピーすると、他のアプリやメールなどに貼り付けて、ファイルの場所を伝えたり、開いたりすることができます。

では、パスをコピーする方法は何でしょうか?

実は、Windows にはいくつかの方法があります。今回は、その中から2つの方法を紹介します。

  1. エクスプローラーのアドレスバーからコピーする方法
  2. 「パスのコピー」でコピーする方法

それぞれの方法について、詳しく見ていきましょう。

1. エクスプローラーのアドレスバーからコピーする方法

Windows に標準搭載されているファイルマネージャー「エクスプローラー」を使う方法です。

エクスプローラーの上部には、現在開いているフォルダーまでのパスが表示されているアドレスバーという部分があります。

ここからパスをコピーできます。

エクスプローラーを起動して、パスをコピーしたいファイルやフォルダーがある場所へ移動します。

アドレスバーをマウスでクリックします。青くなってパス全体が範囲選択されます。

アドレスバーからコピー

右クリックして「コピー」をクリックします。もしくは、Ctrl + C を押します。

コピー

パスがクリップボードにコピーされました。メモ帳やメールなどに貼り付けて使えます。貼り付けるときは、Ctrl + V を押します。

この方法のメリットは、エクスプローラーさえ開けば、必ず目に入るため、やり方を忘れることがないということです。デメリットは、ファイル名までコピーしたい場合には、そのファイルが格納されているフォルダーまでしかコピーできないということです。例えば、「D:\ミーティング\議事録.docx」とコピーしたい場合には、「D:\ミーティング\」となってしまいます。

2.パスのコピーを使ってコピーする方法

ファイルやフォルダーを「パスのコピー」でコピーする方法です。この方法は、手っ取り早く、なおかつ、ファイル名の拡張子までコピーできます。

パスをコピーしたいファイルやフォルダーで、Shift を押しながら右クリックします。

コンテキストメニュー(右クリックしたときに出るメニューのこと)に、「パスのコピー」という項目があるので、クリックします。

パスのコピー

自動的にファイル名までのフルパスが、クリップボードにコピーされます。メモ帳やメールなどに貼り付けて使えます。貼り付けるときは、Ctrl + V を押します。

URL

この方法のメリットは、ファイル名までコピーできることと、操作が簡単であることです。デメリットは、Shift キーを押さないと「パスのコピー」が表示されないので、やり方を忘れやすいということです。

さいごに

以上が、Windows でファイルやフォルダーのパスをコピーする方法の紹介でした。皆さんもぜひ試してみてください。それでは、また次回!

シェアしてくれるとうれしいです!
YU SAKURAI
YU SAKURAI
ABOUT この記事を書いた人
北海道在住の社内SE 日々の業務を通じてITの世界に貢献しています。新しいガジェットやサービスに対する情熱が止まらず、最新のテクノロジーを探求するのが趣味、仕事をより効率的に改善する方法を探し続け、その成果やアイデアをブログで共有しています。ITとテクノロジーの世界で新たな発見や学びを共に楽しんでいきたいです。