Windows 10 高速化 4つの設定とデスクトップの整理を行いましょう!

windows

Windows 10が2015年に発売してからもうだいぶ立ちましたが、使い始めたころより動作が重くなってイライラする。そろそろ新しいパソコンの購入を考えたりしている方はいないでしょうか。パソコンが低価格化により安く手に入るようになりましたが出来れば長く使いつづけたいものです。今回、パソコンが遅くて新しいパソコンを購入する前にWindows 10の設定を見直し高速化する方法を4つ紹介します。

① これが一番効果的「クイックアクセス」を停止する

クイックアクセスとは「エクスプローラー」を開いたときに左上に表示されるよく使うフォルダやファイルの一覧です。Windows10では最近使用したものを自動的に集めてくれます。

クイックアクセス画面

よく使うファイルやフォルダはデスクトップにショートカットを作ってアクセスしている方は多いのではないでしょうか。中には全く使っていない方も多いはずです。

機能のOFFにする方法はエクスプローラーを開き「表示」タブをクリックして「オプション」をクリックします。

エクスプローラーオプション

「ブライバシー」の項目にある

「最近使ったファイルをクイックアクセスに表示する」と「よく使うフォルダをクイックアクセスに表示する」のチェックを外し「適用」をクリックして設定の完了です。

フォルダーオプション プライバシー設定

この設定を変更することによりフォルダやファイルを開いたりするときに動作がサクサク動くようになります。

② 不要なスタートアップを止める

「スタートアップ」に登録されているソフトはパソコンが起動されると自動的にソフトが起動される仕組みになっています。パソコンを長く使っていると一時期使っていたソフトやいつの間にか使っていないソフトなども起動している時があります。使わないソフトは起動しないように設定をしていきます。

最初にタスクマネージャーを起動します。キーボードの「Ctrl」+「Shift」+「ESC」キーを同時に押すと起動して「スタートアップ」のタブをクリックします。

スタートアップ

無効にしたいアプリを選択して「無効化」をクリックしていきます。(特に使っていないクラウドサービスなどはOFFにしましょう)

スタートアップ無効化

基本的に①のクイックアクセスとスタートアップの設定を変更すればだいぶ早くなったと感じるはずです。

③バックグラウンドアプリをOFFにする

バックグラウンドアプリとはデスクトップ上の操作をしていても存在を意識することもなくシステムの後ろ側で動くアプリです。主に情報の更新や通知、送受信など行っています。 バックグラウンドの動作が多いとパソコンは遅くなります。不要なアプリは動作しないように設定をしていきます。

「Windows」ボタンから「設定」をクリックします。

Windows 設定

「プライバシー」をクリックします。

Windows プライバシー

下へ移動すると「 バックグラウンド 」をクリックします。

Windows バックグランドアプリ

ここで使用していないアプリをOFFにしていきます。

バックグランドアプリ

④アニメーション効果と透明設定をOFFにする

最後にアニメーションと透過機能をOFFにします。アニメーションはウィンドウを最小化したり最大化する時に使われている機能でOFFにするとウィンドウ がふわっと表示されていたのが瞬時にパット表示されるようになります。透過設定は「タスクバー」や「設定」画面など透過していたのがなくなります。

Windows 透過設定

「Windows」ボタンから「設定」をクリックします。

Windows 設定

「簡単操作」をクリックします。

Windows 簡単操作

「ディスプレイ」の項目を下の方に移動すると

「Windowsにアニメーション表示する」と「Windowsの表示に透明性を適用する」の二つをOFFにします。

アニメーションと透過性

最後にデスクトップの整理整頓を行おう!

デスクトップ上にたくさんのファイルを置いている人がよく見かけます。中には重たいビデオファイルを置いている方やたくさん写真が入ったフォルダを置いている方もいます。デスクトップ上ににファイル・フォルダを置くとパソコンの起動が遅くなります。

■Windowsの起動時間を計測する「BootRacer」で実験してみました。

 デスクトップに※500M分のファイル・フォルダを置いてみました。
( ※iPhoneの写真1枚が1M~2Mです。)

パソコンの起動時間 40秒

パソコンの起動時間①

実験② 1000M分のファイル・フォルダを置いてみました。
パソコンの起動時間 52秒

パソコンの起動時間②

実験③ デスクトップをファイル・フォルダをおかずにショートカットのみで構成した。
パソコンの起動時間 20秒

パソコンの起動時間③

結果として

デスクトップにファイルフォルダ          500M  起動時間 40秒
デスクトップにファイルフォルダ            1000M  起動時間 52秒

デスクトップにはファイルのショートカットのみ         起動時間 20秒

今回の実験結果からデスクトップにファイルの容量が増えていくことによって起動時間が遅くなることがわかります。今回は起動時間のテストですがファイルをたくさんデスクトップにおいて置くと何よりもファイルを探す手間が増えます。少しでも快適なパソコン環境にするならデスクトップにファイル・フォルダは直接置かないでショートカットを置くようにしましょう。