画像生成AI Adobe Fireflyを使って見よう!

アドビ画像生成

近年、AI技術の進化は驚くべき速さで進んでいます。特に注目されているのが、画像生成AI技術です。Adobeが開発した「Adobe Firefly」は、この分野で最先端を行くプラットフォームのひとつとして、多くのクリエイターから注目を集めています。例えば、「青い空に白い雲が浮かぶ山の風景」と入力すれば、その通りの画像が生成されます。また、「笑顔の女性が赤いドレスを着て花束を持っている」と入力すれば、そのような画像が生成されます。adobe Fireflyは、adobe社の他の製品とも連携できるので、生成した画像を編集したり、レイアウトしたりすることも可能です。今回の記事では、Adobe Fireflyの概要と、その魅力について深掘りしていきます。

Adobe Fireflyとは

Adobe Fireflyは、機械学習とAIを駆使して、ユーザーの入力したテキストから画像を生成するツールです。この技術は「Text to Image」とも呼ばれ、テキストに基づいてリアルタイムで高品質な画像を作り出すことができます。Adobeの長年にわたる画像処理技術の集大成とも言えるFireflyは、デザインやイラストレーションの分野で大きな可能性を秘めています。

使い方

Adobe Fireflyの使用方法は非常にシンプルです。最初に下記のサイトへ移動します。

Adobe Firefly – 誰でも使える生成AI

サイトに入りましたら「ログイン」をクリックします。

fireflyトップ画面

最初にアカウントを作成します。今回、「Google でログイン」で進めていきます。

グーグルアカウントで作成

最新の利用条件を確認し「同意して続行」をクリックします。

利用条件に同意する

ログインしましたらテキストボックスに生成したい画像の生成したい画像の説明を入力します。例えば、「雪山の風景」や「未来都市のスカイライン」といった具体的なシナリオを記述することで、AIがそれに応じた画像を生成します。

例は「上空から見た北海道の森」と入力して「生成」をクリックします。

メッセージ

すると瞬時にデータが作成されます。4枚の画像が生成されますのでダウンロードしたい場合は画像をクリックします。

ダウンロードしたい画像をクリック

画像が拡大されますので確認して「ダウンロード」ボタンをクリックして画像をダウンロードします。

ダウンロードする

画像の縦横比やスタイルを変更したりもできます。

上空から見た北海道の森を「写真」→「アート」に変更した場合

アートに変更

また、無料アカウントは月に25クレジットまでしか利用できませんのでたくさんの画像を生成したい場合は無料アカウントからアップグレードしてください。

クレジットについて

アップグレードした場合の価格(2024年1月)

価格

デザインの可能性

Adobe Fireflyは、デザインの可能性を広げます。従来のデザインプロセスでは、アイデアを形にするまでに時間と労力がかかりましたが、Fireflyを利用することで、アイデアを素早くビジュアル化することが可能になります。これにより、デザイナーはより多くの時間をクリエイティブな思考に費やすことができ、効率的なワークフローを実現できます。

さいごに

Adobe Fireflyは、AIとクリエイティブの融合によって新たな地平を切り開いています。このツールを使用することで、デザイナーやアーティストは、従来では考えられなかった方法で自分のビジョンを実現できます。今後もAdobe Fireflyの進化に注目し、その可能性を最大限に活用していくことが重要です。

シェアしてくれるとうれしいです!
YU SAKURAI
YU SAKURAI
ABOUT この記事を書いた人
北海道在住の社内SE 日々の業務を通じてITの世界に貢献しています。新しいガジェットやサービスに対する情熱が止まらず、最新のテクノロジーを探求するのが趣味、仕事をより効率的に改善する方法を探し続け、その成果やアイデアをブログで共有しています。ITとテクノロジーの世界で新たな発見や学びを共に楽しんでいきたいです。