Google Meet で音声が聞こえづらいを解決する方法!

グーグルミート

ビジネスミーティングでビデオ通話ツールを何を使ってますか、グーグルワークスペースを利用している方ならGoogle Meetを利用している方が多いかと思います。

ビデオ通話が一般的になる前は、つなげるだけでもひと苦労でミーティングに遅れる人もちらほらいました。

昨今では、ビデオ通話が一般的になりましたが、多くのユーザーが音質の問題に直面することありませんか?

相手の声が聞こえづらい。音がこもって聞こえるなど、相手の声が聞こえづらいためミーティングが台無しになることもあります。

今回、この記事では、Google Meet での聞こえづらさを解決するための具体的な方法について解説します。

インターネット接続を確認する

Google Meet の音質はインターネットの速度に大きく依存します。

まず、最初に確認することは、安定したインターネット接続を確保することです。

Wi-Fi のアンテナの本数がすくないなど不安定な状態の場合は、有線に切り替えましょう。特にビジネス場合は必ずチェックしましょう。

WiFiからLANケーブルへ

不要なタブやアプリケーションを閉じる

バックグラウンドで動作している不要なタブやアプリケーションは、インターネットの帯域を消費します。

より安定した音質を求めるのでしたら、使用していないタブやアプリケーションを閉じます。これによりインターネットの帯域を解放されます。

タブとアプリを閉じる

マイクとスピーカーの設定を確認する

①マイクスピーカーの確認も重要です。外付けのマイクスピーカーを接続しているのにパソコン内部のマイクスピーカーになっていませんか?

マイクとスピーカーの接続を確認する

②「その他のオプション」をクリックします。

その他オプションをクリックする

③「設定」をクリックします。

設定をクリックする

マイクとスピーカーの選択: Google Meet を開始する前に、使用するマイクとスピーカーが正しく選択されているか確認してください。

マイクとスピーカーの接続をチェックする

ボリューム調整: マイクとスピーカーのボリュームが適切に設定されていることを確認します。必要に応じて調整してください。Windowsのタスクバーからサウンド設定をクリックします。

音量をチェックする

映像の解像度の設定の調整する

Google Meet では、ビデオ通話の解像度を調整することができます。

高解像度のビデオは、より多くのデータを消費します。インターネット速度が遅い場合、解像度を下げることで、通信の安定性を向上させることができます。

具体的には、設定メニューからビデオの解像度を「標準」(360p)に下げてみましょう。

「その他のオプション」→「設定」

「動画」から「送信時の解像度」と「受信時の解像度」を低く設定します。

解像度を低くしてみる

まとめ

Google Meet での聞こえづらさは、いくつかの簡単なステップで解決可能です。

インターネットの速度や安定性を確保し、マイクやスピーカーの設定を適切に行い、不要なバックグラウンドアプリケーションを閉じることが重要です。

また、解像度の設定を調整することで、通信の品質を向上させることもできます。

これらの対策を試すことで、Google Meet でのコミュニケーションがよりスムーズになるでしょう。

シェアしてくれるとうれしいです!
YU SAKURAI
YU SAKURAI
ABOUT この記事を書いた人
北海道在住の社内SE 日々の業務を通じてITの世界に貢献しています。新しいガジェットやサービスに対する情熱が止まらず、最新のテクノロジーを探求するのが趣味、仕事をより効率的に改善する方法を探し続け、その成果やアイデアをブログで共有しています。ITとテクノロジーの世界で新たな発見や学びを共に楽しんでいきたいです。