世界中の情報にアラートを仕掛けよう!

アラート

家庭も仕事もさまざまな情報収集が必要になります。情報収集する時に一番使うツールは、グーグル検索などの検索エンジンを使う方が多いのではないでしょうか。その他にニュースアプリなどを使って情報を集める人。テレビや新聞、雑誌、本などで集める方も多いかと思います。では、誰よりも、いち早く「キーワード」の情報を収集するツールと言えば何かと言えば、今回紹介するグーグルアラートになります。

情報収集の必要性

情報収集は特に仕事において重要になってきます。資料や企画書、アイデアだし、プレゼン、ミーティングなど、ありとあらゆるビジネスを行うときに必要になります。情報収集が不足していると仕事の質が悪い、情報収集のスピードが遅いと仕事のスピードが遅い。など仕事の能力に直結します。どのようにしたら情報収集のスピードが上がるのかと言えば、最速で(必要なときに)必要な情報「キーワード」だけを集められるグーグルアラートを使うことです。

情報収集の必要性

Google アラートとは

グーグルアラートとはGoogleが提供するアプリの一つで、特定のキーワードを設定すると、キーワードが含まれるWEB上の情報を自動的に収集し新規追加、更新されると自動的に通知をしてくれます。通知は都度の最短でほしいのか、それとも1日回や1週間に1回なども選べれます。 情報のソースも「WEB」、「ニュース」、「ブログ」からなども選択ができます。そして何よりもグーグルアラートのいいところは、簡単に情報収集の設定ができることです。

知りたい情報は決まっている

大抵の人は、知りたい情報がある程度決まっていると思います。例えば、私の場合「Windows」、「iPhone」、「Google」などをキーワードに登録しています。WEB上で、これらの内容の情報が新規、更新された場合は、誰よりも最速で知りたいと思っています。皆さんもある程度知りたい「キーワード」をお持ちではないでしょうか?今、している仕事に関わる分野で最速にほしい情報は? プロジェクトに関わっていて特定の分野の情報はないでしょうか。会議やミーティングで必要な情報は?仕事の関連のキーワード以外ではどうでしょうか。趣味の分野だったり、地域のイベント情報、今度、いく旅行先の情報だったり、いろいろあると思います。このあとにグーグルアラートに登録していきますので何個か「キーワード」を書き出してみましょう。

知りたい情報は決まっている

Google アラートの設定方法

グーグルアラートはWEBアプリで提供されていますので、グーグルで「Google アラート」と検索すると一番上に「Google アラート」のページが表示されます。

Google アラートのリンク

https://www.google.co.jp/alerts

「アラートを作成..」の中にキーワードを入力すると「アラートのプレビュー」が表示されます。確認して「アラートを更新」ボタンをクリックすると「マイアラート」に登録がされます。

グーグルアラート画面

「マイアラート」の横にギアアイコンがあります。このボタンで配信時間を設定します。時間を設定すると、登録した「キーワード」に対して1通ずつメールが届きます。配信時間を設定しないとアラートが都度メールが届きますので、キーワードによっては毎時間、毎分メールが届き大変な目に遭いますので、配信時間は設定をした方がいいです。たくさん「キーワード」を登録するとその分メールが届きます。たくさん登録するとメールを見るのも大変になります。その場合はダイジェストに登録して一つのメールに通知を集約することもできます。

アラート設定

鉛筆アイコンは「キーワード」ごとの設定になります。

都度 

  • その都度
  • 1日1回以下
  • 週1回以下

ソース

  • 自働
  • ニュース
  • ブログ
  • WEB
  • ビデオ
  • 書籍
  • ディスカッション
  • 金融

言語

すべての言語

言語を指定することもできます。

地域

すべての地域

地域を指定することもできます。

件数

上位の結果のみ

配信先

メールアドレス

RSS

(もし、最速でその都度最速で情報がほしい場合はRSSに登録するのも手です。)

変更したら「アラートを更新」をクリックします。

アラート更新

まとめ

今回、グーグルアラートを使って情報が自働で届く仕組みをつくりました。ひとつグーグルアラートに頼りすぎると自分の興味があるキーワードだけの情報に偏る可能性がありますので、今までの検索型の情報収集も併用しながら、日々の情報収集の効率化を目指してください。

ジャムボード
クラウド画像