iPhone同士で簡単に写真共有!AirDropの使い方をマスターしよう!

airdropの使い方

こんにちは、皆さん!今日はiPhoneの便利な機能のひとつ、AirDropの使い方についてお話ししたいと思います。

AirDropとは、近くにいるiPhoneやiPad、MacなどのApple製品と簡単に写真や動画、ファイルなどを送受信できる機能です。

BluetoothとWi-Fiを使って通信するので、インターネットに接続していなくても使えます。では、具体的にどうやって使用するの紹介していきます。

iPhone AirDropの使い方

写真の受け手側の処理

①iPhoneのコントロールセンターを表示します。

iPhone X以降は

コントロールセンターを開くには、画面の右上隅から下にスワイプします。 

iPhone SE 8以前

コントロールセンターを開くには、画面の下端から上にスワイプします。 

②飛行機マークのあるネットワーク設定のカードを長押しします。

コントロールセンターの表示してネットワークカードを長押し

①AirDropをタップします。

②「連絡先のみ」か「すべての人(10分間のみ)をタップして、あとは送信側から送信メッセージが届くのを待ちます。

Airdropuからすべての人をタップ

写真送り手の処理

①送る写真を選択して「共有」をタップします。

②AirDropをタップします。

写真を選択してairdrop

送り手

送り先の一覧が表示されます。その中から送りたい相手をタップします。

受け取り手

受け取り側にメッセージが表示されます。送り手の名前を確認して「受け入れる」をタップして写真の送信が完了します。これで、AirDropの使い方は完了です。簡単でしょう?

送信先をタップする

さいごに

AirDropは、メールやメッセージよりも早く大容量のデータを送れるので、とても便利です。ぜひ試してみてくださいね!

シェアしてくれるとうれしいです!
YU SAKURAI
YU SAKURAI
ABOUT この記事を書いた人
北海道在住の社内SE 日々の業務を通じてITの世界に貢献しています。新しいガジェットやサービスに対する情熱が止まらず、最新のテクノロジーを探求するのが趣味、仕事をより効率的に改善する方法を探し続け、その成果やアイデアをブログで共有しています。ITとテクノロジーの世界で新たな発見や学びを共に楽しんでいきたいです。