バーコード活用 バーコードリーダーについて

バーコードリーダー

Excelで出力したバーコードを読み取るための機材について基本的にはスマホなどを使ってバーコードやQRコードを読み込むアプリを使うとスキャンすることができます。

スマホの場合は画面を開きアプリを立ち上げてスキャンする必要があるため1個や2個スキャンする場合ならそれほど手間に思わないでしょうが、もし、バーコードを数100個スキャンする必要があるとしたらどうでしょう。

スマホでバーコードをスキャンしたことがある方ならわかると思いますが連続して数百個のスキャンする場合は大変手間がかかります。

仕事などで連続してスキャンする場合は一般的に売られている数千円程度のバーコードリーダーを導入すれば大変作業効率が上がると思います。

基本的に専用ドライバーが必要がないので、パソコンに接続すれば何も設定することなく簡単に使用することが可能です。

今回は、バーコードリーダーの端末の選び方や「ワイヤレス」、「USB」、「カバータイプ」のバーコードリーダーの紹介を致します。

端末の選び方

基本的な選び方としてはQRコードを読み込むことがあるのかないのかバーコードリーダーの中にはQRコードを読み込めないタイプもあります。1次元コードのみ対応なのか2次元コードも対応することが可能なのか確認するといいでしょう。

1次元コード 黒と白のバーで構成されているバーコード

一次元バーコード

2次元コード 四角い形で白黒のまだら模様のコード

2次元バーコード

もう一つが有線タイプかワイヤレスタイプか?

有線タイプはコードがあるためスキャンするための範囲があります。USB延長などを使って範囲を広げることができますが、有線タイプ一番の欠点が配線が邪魔なことなので延長してまでも使う理由はないと思います。

ワイヤレスタイプだと数メートル離れていてもスキャンができます。ワイヤレスタイプの中には数百件スキャンデータを端末内に保存できるものもあるため、近くにパソコンがなくても使用できるものもあります。ワイヤレスタイプの弱点はやはり充電が必要なことが挙げられますが、USBで充電しながらでも使えます。バッテリーがダメになってもUSBを差しながら有線タイプとして使えたりもするのでUSBタイプを選ぶ理由としては、価格面が若干安いだけだと思います。

ワイヤレスリーダーの紹介(BAOSHARE バーコードリーダー )

1次元から2次元のバーコードをスキャンすることができパソコンからiOSとAndroidに対応しています。読み取り性能も良く、端末内にデータを保存することも可能です。

付属物 

バーコードリーダー本体、USBケーブル、Bluetoohsのレシーバー、説明書が入っていました。

Bluetoothバーコードリーダー

バーコードリーダーのパソコンとの接続方法

充電ケーブルを使いバーコードリーダーとパソコンを接続するとそのままバーコードリーダーを充電しながらスキャンすることも可能です。

ワイヤレスで接続する場合は付属のマニュアルに「ワイヤレスベアリング設定とBluetoothべアリング設定」のQRコードをワイヤレスリーダーでスキャンをしてパソコン側の「設定」から「デバイス」を開き「Bluetoothまたはその他のデバイスを追加するをクリックして「BarCode Scanner HID」が表示されますのでクリックして接続をします。

①「Windows」ボタンから「設定」をクリックします。

バーコードリーダー接続

②「デバイス」をクリックします。

デバイス設定

③「Bluetoothまたその他デバイスを追加する」をクリックします。

Bluetoothの設定

④この時にバーコードリーダー側でベアリング設定のQRコードを読み込みます。(リーダーが緑と青に交互に点滅します)「BarCode Scanner HID」が表示されたらクリックして接続の完了です。

Bluetooth接続

基本的な使い方とデータの端末内保存について

基本的にはBluetoothで接続している場合、何もノイズが入らない状態で8メートルぐらいの範囲でパソコンと接続が可能です。(工場内で使う場合は、機械のノイズとか入らないのかチェックした方がいいです。)

パソコンと接続中の場合はブルー点灯している

バーコードリーダー接続中

パソコンと距離が離れている場合はブルー点灯していた部分が消灯します。

この状態の時にバーコードをスキャンすると端末内に保存されます。端末内に保存されたデータをExcelに移す場合は説明書に書かれている作業モードの設定で「データのアップロード」のQRコードを読み込むことでデータをExcelに移すことができます。端末内のデータの削除も説明書内のデータ削除のQRコードを読み込むことでデータを削除することができます。

バーコードリーダー未接続

基本的な使い方としてはバーコードをスキャンする時は、端末の丸いボタンを押すことでバーコードをスキャンすることが可能です。

ボタンを押さずにスキャンができる自動認識モードが搭載されています。手動スキャンと自動スキャンの切り替えは説明書のQRコードを読み込むことで設定を変更できます。

この端末は基本的に設定を変更する時は、説明書のQRコードを読み込むことで設定を変更することが可能になります。

Bluetooth バーコードリーダーの注意点

Bluetooth バーコードリーダー はバッテリーを搭載しているため一度、充電すると数日使えますが、バッテリーの弱点として高温と低温に弱いことが挙げられます。夏の高温時に日の当たる場所に置いておくと極端にバッテリーが消費して使えなくなることがあります。同じように寒い環境でも同じことが起きます。

マイナス気温の環境で使う場合カイロ等で温めながら使う手段もありますが、急激な温度差でバーコードリーダー内部が結露して機械の故障に繋がることがあります。屋外で使う場合は製品がどれくらいの温度に耐えれるのかチェックする必要があります。

バーコードリーダー USBタイプ

USBタイプのバーコードリーダーはUSBをパソコンに接続するだけでスキャナーとして利用ができるようになります。USBコードの長さは1メートルほどのものが多いですがUSBの延長ケーブルを利用することが可能で行動範囲を広げることができます。

Bluetoothタイプとの違いは見た目が頑丈なものが多く感じられ少々の高さから落としても壊れない感じがします。スキャナの感度等は Bluetooth と違いはそれほど感じられませんがUSBタイプの中で比較的に安いものはスキャナの感度が少し悪いものもあります。

USBタイプバーコードリーダー

スキャナする場所がパソコンの周りに決まっていて配線が邪魔にならないならUSBタイプの方が落としても壊れずらくスキャンボタン等がしっかりしているものが多いのでスキャンがしやすいと思います。

バーコードリーダー カバータイプ

バーコードリーダーで少し変わっているのがカバータイプです。スキャナにiPhoneやAndroidスマホをくっつけることができます。スマホとは Bluetooth で接続してアプリやExcelやスプレットシートなどを起動すればバーコードで読み込んだ値を入力することができます。

バーコードリーダーに小型のコンピューターが付いたハンディスキャナーは数十万するものがおおいですがスマホと連帯すれば数千円で同じことができます。

カバータイプバーコードリーダー

カバータイプを使う場合。iPhoneやAndroidなどでバーコードと連帯するシステムをつくる手段としておすすめな方法がGoogleのスプレットシートや同じくGoogleのフォームを使えば、簡単にバーコードリーダーのシステムをつくることが可能になります。

以上で、バーコードリーダーの購入を検討している方の参考になればと思います。