文字入力間違えた!変換ミスを防ぐ方法

変換ミス

こんにちは!今日はパソコンで文字を入力するときに起こりがちなトラブルのひとつ、「変換ミス」についてお話ししたいと思います。

変換ミスとは、ひらがなやカタカナを漢字や英数字に変換するときに、意図しない文字になってしまうことです。例えば、「あした」と入力して「明日」に変換したかったのに、「足下」や「芦田」になってしまったり、「かみさか」と入力して「上坂」に変換したかったのに、「神酒」や「紙酢」になってしまったりすることです。

変換ミスは誰でも経験したことがあると思いますが、そのまま気づかずに送信してしまうと、相手に不快な印象を与えたり、意味が通じなくなったりする恐れがあります。

そうならないためにも、変換ミスを防ぐ方法や修正する方法を知っておく必要があります。そこで今回は、パソコンで文字入力する際の変換ミス対策をご紹介します。

変換ミスを防ぐ方法

ではまず、変換ミスを防ぐ方法から見ていきましょう。基本的には以下の3つのポイントを押さえることで、変換ミスの発生率を下げることができます。

文節区切りを適切にする

パソコンで文字入力する際は、文節区切り(単語ごとの区切り)が重要です。文節区切りが適切であれば、正しい候補が優先的に表示されますが、不適切であれば、誤った候補が表示される可能性が高くなります。

例えば、「わたしがすき」と入力して「私が」「好き」という2つの文節(単語)ごとに区切る場合は、「私が」「好き」という順番で[Space]キー(または[→]キー)を押します。

「わたしがすき」という1つの文節(単語)だけだと思って[Space]キー(または[→]キー)を押さなければ、「私画好き」「渡石岐」「綿紙菊」など意味不明な候補しか出てきません。

変換候補を確認する

次に大事なことは、変換候補を確認することです。パソコンでは一般的に最初から最もメジャーだと思われる候補が表示されます。

これは便利な機能ですが、時々間違った単語や漢字を提案してくることがあります。

そのため、入力する前に予測変換を確認して、正しいものを選択することが大切です。特に、類似した読み方や書き方の単語や漢字に注意してください。

再変換 文字入力を修正する方法

どんなに気を付けて文字入力のミスを完全になくすことは難しいですが、変換間違いをした時の修正方法を覚えておくと文字入力の効率を上げていく上で重要です。

確定している文字「私が好き」を再変換したい場合

再変換したい文字を選択します。

「変換」をクリックします。すると文字の変換候補が出てきます。

文字の区切り位置を変更したい場合は

「Shiftキー」+[←」「→」

さいごに

文章作成で文字入力や変換ミスをなるべくなくすこと、そして間違えた場合の再変換方法を覚えておくと文章作成時の効率を上げるために役立ちます。この記事が参考になって変換ミスがなくなると幸いです。

シェアしてくれるとうれしいです!
YU SAKURAI
YU SAKURAI
ABOUT この記事を書いた人
北海道在住の社内SE 日々の業務を通じてITの世界に貢献しています。新しいガジェットやサービスに対する情熱が止まらず、最新のテクノロジーを探求するのが趣味、仕事をより効率的に改善する方法を探し続け、その成果やアイデアをブログで共有しています。ITとテクノロジーの世界で新たな発見や学びを共に楽しんでいきたいです。