Vlookupエラー「#N/A」をIFERROR関数で対処する!

エラー

#N/Aエラーは、Excelユーザーにとってよくあるトラブルのひとつです。

このエラーは、VLOOKUP関数を使用して特定の値を検索する際に、該当の値が見つからない場合によく表示されます。

例えば、在庫管理のスプレッドシートで製品コードを使用して製品の詳細情報を引き出そうとしたとき、該当するコードがデータベース内に存在しない場合、#N/Aエラーが表示されるでしょう。

セルC3の関数の仕様

=VLOOKUP($B$3,$B$7:$E$15,2,0)
関数がエラー

このようなエラーが発生すると、データの整合性や報告の正確性に影響を及ぼす可能性がありますが、幸いなことに、IFERROR関数を使用することでこの問題を解決できます。

IFERROR関数の基本構文

IFERROR関数は、エラー処理に役立つ強力なツールです。この関数は2つの主要な引数を受け取ります。

まず、評価する式(通常はエラーを含む可能性のある式)を指定します。

次に、エラーが発生した場合に表示したい代替値を指定します。以下にIFERROR関数の基本的な構文を示します。

=IFERROR(評価する式, エラー時の代替値)

#N/AエラーをIFERRORで処理する方法

以下は、#N/Aエラーを処理する具体的な手順です。

①まず、通常通りVLOOKUP関数を使用します。例えば、以下のような式を考えてみましょう。

=VLOOKUP(検索する値, データ範囲, 列番号, 偽)

②この式の代わりに、IFERROR関数を使用します。次のように書き換えます。

=IFERROR(VLOOKUP(検索する値, データ範囲, 列番号, 偽), "エラーが発生しました")

③上記の式では、VLOOKUP関数が#N/Aエラーを返すと、代わりに「エラーが発生しました」というテキストがセルに表示されます。

代替テキストの部分を必要なメッセージや値に置き換えることができます。たとえば、代替テキストを空白に設定して、エラーが発生したセルを空白にすることもできます。

=IFERROR(VLOOKUP($B$3,$B$7:$E$15,2,0),"")
エラーを対処

さいごに

この方法を使用することで、エラーが発生した際にわかりやすいメッセージを表示し、データ処理の効率を向上させることができます。

IFERROR関数は、Excelのスキルを向上させ、エラーを効果的に処理するための強力なツールです。ぜひ活用してください。

シェアしてくれるとうれしいです!
YU SAKURAI
YU SAKURAI
ABOUT この記事を書いた人
北海道在住の社内SE 日々の業務を通じてITの世界に貢献しています。新しいガジェットやサービスに対する情熱が止まらず、最新のテクノロジーを探求するのが趣味、仕事をより効率的に改善する方法を探し続け、その成果やアイデアをブログで共有しています。ITとテクノロジーの世界で新たな発見や学びを共に楽しんでいきたいです。