パワーポイント モニター1台で発表者ツールを表示して練習!

プレゼン

パワーポイントでプレゼンテーションを作成するとき、発表者ツールという便利な機能があります。

発表者ツールを使うと、スライドのノートや次のスライドのプレビュー、時間やペンツールなどを自分だけが見ることができます。

これは、聴衆に見せたくない情報や、発表の流れを確認したいときに役立ちます。

しかし、発表者ツールを使うには、通常は2台のモニターが必要です。

1台は自分用に発表者ツールを表示し、もう1台は聴衆用にスライドショーを表示するためです。

しかし、2台のモニターを持ち歩くのは大変ですし、場所によっては接続できないこともあります。

そこで、1台のモニターでも発表者ツールを表示して練習する方法を紹介します。

これは、パワーポイント2013以降のバージョンで可能です。

1台のモニターで発表者ツールを表示する

まず、パワーポイントを開いて、プレゼンテーションを作成します。

スライドには、発表者のノートを追加しておきます。

発表者のノートは、スライド下部の「ノートを入力」から入力します。

ノート

次に、[スライドショー]タブから[発表者ツールを使用する]にチェックを入れます。

これで、2台のモニターがあれば自動的に発表者ツールが表示されるようになります。

発表者ツール

しかし、1台のモニターでも発表者ツールを表示することができます。

そのためには、スライドショーを開始した後に、左下のコントロールバーから「設定」→「発表者ツールを表示」をクリックします。

すると、1台のモニターでも発表者ツールが表示されます。

発表者ツールを表示

この状態で、発表者ツールの機能を使って、スライドを送りながらノートを確認しながら練習することができます。

1台のモニターで表示中

さいごに

以上が、1台のモニターでも発表者ツールを表示して練習する方法です。

パワーポイントでプレゼンテーションを作成する際にぜひ試してみてください。

シェアしてくれるとうれしいです!
YU SAKURAI
YU SAKURAI
ABOUT この記事を書いた人
北海道在住の社内SE 日々の業務を通じてITの世界に貢献しています。新しいガジェットやサービスに対する情熱が止まらず、最新のテクノロジーを探求するのが趣味、仕事をより効率的に改善する方法を探し続け、その成果やアイデアをブログで共有しています。ITとテクノロジーの世界で新たな発見や学びを共に楽しんでいきたいです。