パワーポイント 画面比率「16:9」と「4:3」どっちを使うべきか!

画面サイズ

プレゼンテーションを作成する時に欠かせないソフトと言えばパワーポイント。

みなさんの中で画面比率どうするべきか悩んだことありませんか?パワーポイントのスライドのサイズは「16:9」と「4:3」の2種類あります。(ユーザー設定は除外します)

画面比率の選択

デフォルトのスライドのサイズは長らく「4:3」が規定でしたが、パワーポイント2013から「16:9」に変更になりました。

この時点で「16:9」を使うべきなのではないかと思う方も多いと思います。しかし、昔からパワーポイントを使っている方は、頑なに「4:3」を選び直している方も多いです。

そこで、今回、それぞれの画面比率のメリット・デメリットを確認して、プレゼンでどちらの画面比率を使うべきかを解説します。

「16:9」と「4:3」メリット・デメリット

PowerPointのプレゼンテーションで16:9と4:3のどちらを選ぶかは、重要なポイントです。選択したアスペクト比は、プレゼンテーションの受け止め方に大きな影響を与える可能性があります。

最初に、それぞれの画面比率のメリットとデメリットを確認します。

16:9(ワイド)メリット・デメリット

メリット

「4:3」より画面が大きので、スライドを大きく見やすく表示ができます。たくさんの情報量を表示できるため、大きな画像や動画を使ってイメージを想起させたいときや、ダイナミックな躍動感のある表現などをプレゼンで実現するのに有利です。

16:9の比率は、ビデオやマルチメディアが豊富なプレゼンテーションに理想的な選択肢です。

デメリット

古いプロジェクターで16:9に対応していない場合や映し出すスクリーンが4:3対応のものだと16:9のプレゼンを映し出したときに不自然な余白ができます。また、情報量がたくさん詰め込めれるのでプレゼンの作成時間がかかる場合も多いです。

4:3(標準)メリット・デメリット

メリット

古いプロジェクターやスクリーンどんな機器にも対応する。プレゼンする場所の機材を把握していない場合は、4:3で作っておくことが賢明です。「4:3」でスライドを作成すれば、「16:9」の画面に表示すると、左右に黒い余白ができますが、それほど目立ちません。

その他に4:3の比率は、静的なテキストや画像のスライドに重点を置くため、動画を使わないプレゼンテーションに適していると言えます。

デメリット

画面サイズが16:9に比べて小さいので盛り込める情報量が少なくなる。

画面サイズどちらを使うべきか?

パソコン画面の主流が4:3から16:9に変わったことにより「16:9」で作った方がいいのではと思いますが、パワーポイントの画面比率は、「何に映し出すべきか」で設定を変更します。

プロジェクターとスクリーンが「4:3」にしか対応していないなら「4:3」で作成します。両方に対応するなら作成するプレゼンに内容によって画面比率を変えます。画像や動画メインのプレゼンなら「16:9」それ以外なら「4:3」など。

やっかいな問題がアウエーでのプレゼン。初めての訪れる顧客先などプロジェクターの仕様を把握できない場合が多いです。こういった場合は「4:3」で作っていくのが賢明でしょう。

最近、増えてきたビデオ通話によるプレゼンは、画面サイズが「4:3」なら「4:3」、「16:9」なら「16:9」で作成します。同じようにタブレットなどによるプレゼンも画面サイズによってプレゼン画面比率を決めます。

さいごにこれはあくまでも目安であり、画面比率選ぶときに最も重要なことは、実際にプレゼンテーションの目的や内容、聴衆のニーズや期待を最もよく反映するアスペクト比を使用することです。

画面比率の変更方法

画面比率の変更方法は「デザイン」タブをクリックして「スライドのサイズ」から変更します。

画面比率変更

パワーポイントは「16:9」と「4:3」以外にも「ユーザー設定のスライドサイズ(C)…」をクリックすると指定のサイズに変更することができます。

プレゼンテーション以外にもチラシやポスターなどの作成にも使われています。

スライドサイズ

さいごに

どちらの画面比率を選ぶべきかは、使用するハードウェアやプレゼンテーションの目的によって異なります。

ワイドスクリーンのモダンな外観や情報量を重視する場合は16:9を、古典的なハードウェアやテキストベースのコンテンツを強調する場合は4:3を選ぶことが適切です。

最終的な選択肢は、プレゼンテーションの内容と視聴者のニーズに合わせて検討することが大事だと思います。

プレゼン資料を作成するのに少しでもムダな時間を減らせればと思い、今回、適正な画面比率を選び方をお伝えしました。

改善効果・利用頻度

★

シェアしてくれるとうれしいです!
YU SAKURAI
YU SAKURAI
ABOUT この記事を書いた人
北海道在住の社内SE 日々の業務を通じてITの世界に貢献しています。新しいガジェットやサービスに対する情熱が止まらず、最新のテクノロジーを探求するのが趣味、仕事をより効率的に改善する方法を探し続け、その成果やアイデアをブログで共有しています。ITとテクノロジーの世界で新たな発見や学びを共に楽しんでいきたいです。