「VMware パワーオン中にエラーが発生しました」の対処方法 

vmwareエラー

2022年に入りWindows 10にインストールしているVMware Workstation 15の仮想マシン(Windows7)をパワーオンすると

「パワーオン中にエラーが発生しました:トランスポート(VMDB)エラー-14: Pipe connection has been broken。」

表示されてVMWareが起動ができない状況になりました。正月明け早々エラーから始まる状況で、年末に起動したときは問題ない状況でした。

若干、最新でなかったWindowsやVMwareを最新にしましたが、状況はかわりません。

解決策を調べていくうちにVMwareのサイトにて解決の糸口を発見しました。

https://kb.vmware.com/s/article/76918

ここの記事の中にHyper – Vを無効化して起動するようにと書かれていました。

Hyper-Vの無効化手順

「スタート」から「アプリと機能(F)」をクリックします。

スタートからアプリと機能を開く

画面右側にある「プログラムと機能」をクリックします。

プログラムと機能を開く

画面左側にある「Windows の機能の有効化または無効化」をクリックします。

Windowsの機能の有効化または無効化

「Hyper-V」のチェックを外して「OK」をクリックします。変更の適用後にパソコンを再起動して完了です。

Hyper-Vの機能をOFFにする

Hyper-Vの機能をOFFすると問題なくVMwareは起動するようになりました。

さいごに

Hyper-Vの機能を使っていなかったので、今回はVMwareを問題を解決するためにOFFにしましたが、なかには両方の仮想環境を使っている人がいるのではないでしょうか。

もしかしたらVMwareを16にバージョンアップすれば両方の仮想環境を使えるのかもしれません。

これらの手順を実行してもエラーが解消されない場合は、VMware のサポートに問い合わせてください。エラーの詳細な内容やログファイルを提供すると、より迅速に解決策を見つけることができます。

以上でVMware VMDBエラー:14の対処方法でした。

シェアしてくれるとうれしいです!
YU SAKURAI
YU SAKURAI
ABOUT この記事を書いた人
北海道在住の社内SE 日々の業務を通じてITの世界に貢献しています。新しいガジェットやサービスに対する情熱が止まらず、最新のテクノロジーを探求するのが趣味、仕事をより効率的に改善する方法を探し続け、その成果やアイデアをブログで共有しています。ITとテクノロジーの世界で新たな発見や学びを共に楽しんでいきたいです。