「Windwos11」ノートパソコンのバッテリーの状態を確認する方法!

ノートパソコン

ノートパソコンのバッテリーは普通に使っているだけでもどんどん劣化します。一般的なバッテリーの寿命は2~3年と言われております。

たしかに2年以上経つと妙にバッテリーの減りが速く感じます。さらに5年以上経過したノートパソコンだと1時間ぐらいしか持たない状態や時には電源アダプターを外した瞬間に電源が落ちる場合もあります。

ノートパソコンはバッテリーを交換できるものが多いです。いつ交換したらいいのか目安があった方がバッテリーの交換がしやすいと思います。

今回、Windowsに標準で搭載されている「Battery report」を使ってノートパソコンのバッテリーの状態を確認する方法を紹介します。

Battery Reportの使い方・見方

Battery ReportとはWindowsに標準で搭載されている機能でバッテリーの状態を確認することができます。

使い方は「スタート」ボタンを右クリックして「ターミナル(管理者)」をクリックします。

PowerShellが起動しますので

powercfg /batteryreport

と入力します。(上の文字をコピーして貼り付けしてもOKです。)

レポートが出力されます。

ファイルパスはパソコンによって変わります。「Owner」部分は使用しているパソコンのユーザー名になります。

例 ユーザー名 PC1の場合

C:\Users\PC1/battery-report.htmlとなります。

battery-report.htmlをクリックします。

基本的にチェックする項目はRecent Usage「搭載電池」

確認する項目は下の3つ

設計容量(DESIGN CAPACITY)

フル充電容量(FULL CHARGE CAPACITY)

サイクル数(CYCLE COUNT)

「設計容量」はパソコンの購入時の新品の場合の容量で「フル充電容量」は現在のバッテリ容量になります。

このレポートを確認すると

設計容量 57020 フル充電容量 48980

48980 ÷ 57020 = 0.858

パーセントに変更 0.858 × 100 = 85.8%

購入時よりも14%バッテリー容量が減っていることがわかります。

その他にサイクル数 598回充電をした回数になります。よく充電回数の寿命は500~600回と言われています。

レポートの一番下にバッテリーの寿命推定値も確認ができます。

さいごに

今回、レポートを出力したパソコンは4年ほど、ほぼ毎日使用しているノートパソコンです。容量が14%減り充電回数も600回近くになりましたが、満充電から3時間ぐらいは使えるので、まだ、バッテリーの交換は考えていません。

外出時に利用の多い方は一度、「Battery report」を使ってバッテリー状態を確認して見てはいかがでしょうか。

執筆:KAIZENモンスター よつば