Excel「新しいウインドウを開く」のメリットと使い方!

top

Excelで「新しいウィンドウを開く」機能の使い方とそのメリットについて紹介します。

Excelは、表計算ソフトとして多くの人に利用されていますが、同時に同じ名前のファイルを開くことができません。

例えば、Sheet1のデータをSheet2のデータで確認したい場合や、Sheet1とSheet2のデータを入れ替える作業などが不便を感じるはずです。

では、同じブック内のSheetを効率よく確認したり編集したりする場合に利用するのがExcelの機能「新しいウィンドを開く」です。

新しいウィンドを開くの使い方

まずは、基本的な使い方を紹介。

使い方は簡単です。Excelのツールバー「表示」をクリックして「新しいウィンドウを開く」をクリックします。

ブックが二つになりブック名の後ろに「〇〇.xlsx:1」、「〇〇.xlsx:2」数値が入ります。

同じブック内の別Sheetを確認して閲覧編集ができるようになりました。Sheet2を見ながらSheet1を編集したりする場合に便利です。

今度は、同じSheet1を開きます。データを編集すると、すぐにデータが反映されます。

「新しいウィンドウを開く」のメリットを確認

「新しいウインドウを開く」のメリットを確認すると、同じファイルを複数のウィンドウで開いても、編集内容が自動的に同期されます。これにより、同じファイルの異なるシートや範囲を比較したり、コピー&ペーストしたりすることが容易になります。

異なるファイルを別々のウィンドウで開くことで、タブ切り替えや画面分割の手間が省けます。また、マルチモニター環境では、各ウィンドウを別々の画面に表示することで、より広い作業領域を確保できます。

さいごに

以上のように、Excelで「新しいウィンドウを開く機能」は、生産性向上に役立つ便利な機能です。特にマルチモニター環境では必須機能なので、ぜひ試してみてください。

改善効果

改善効果
シェアしてくれるとうれしいです!
YU SAKURAI
YU SAKURAI
ABOUT この記事を書いた人
北海道在住の社内SE 日々の業務を通じてITの世界に貢献しています。新しいガジェットやサービスに対する情熱が止まらず、最新のテクノロジーを探求するのが趣味、仕事をより効率的に改善する方法を探し続け、その成果やアイデアをブログで共有しています。ITとテクノロジーの世界で新たな発見や学びを共に楽しんでいきたいです。