Google Driveのファイルをオフラインでも利用する方法!

グーグルドライブ

Google Driveは、クラウドストレージサービスとして、多くの人に利用されています。

Google Driveに保存したファイルは、インターネットに接続していれば、どこからでもアクセスできます。

しかし、インターネットが使えない場所や状況でも、Google Driveのファイルを利用したいときはありませんか?

そんなときに便利なのが、オフラインモードです。

オフラインモードを有効にすると、Google Driveのファイルをインターネットに接続せずに閲覧や編集ができるようになります。

この記事では、オフラインモードの設定方法と注意点について解説します。

オフラインで使用するために

インターネットに接続していない環境でもグーグルの「ドキュメント」、「スプレットシート」、「スライド」を編集するためには次にChrome拡張をインストールして有効にする必要があります。

Google オフライン ドキュメント

グーグルオフラインドキュメント

https://chrome.google.com/webstore/detail/google-docs-offline/ghbmnnjooekpmoecnnnilnnbdlolhkhi

オフラインモードの設定方法

オフラインモードを利用するには、まずGoogle Chromeブラウザをインストールしておく必要があります。

Google Chrome以外のブラウザでは、オフラインモードはサポートされていません。

また、オフラインモードはパソコンでのみ利用できます。スマートフォンやタブレットでは、別途アプリをダウンロードする必要があります。

オフラインモードを有効にする手順は以下の通りです。

Google ChromeブラウザでGoogle Driveを開きます。

①オフラインでも開きたいファイルを右クリックして「オフラインで使用可」をオンにします。

オフラインで使用可

「オフラインで使用可」のファイルはファイル名の横にチェックマークが付きます。

オフラインでも使用可能なファイル

これでオフラインモードが有効になりました。

ファイルを開いて編集すると「オフライン作業中」で編集したデータはデバイス内に保存されます。

パソコン内に保存

オフラインモードの注意点

オフラインモードを利用する際には、以下の点に注意してください。

オフラインで編集したファイルは、次回インターネットに接続したときに自動的に同期されます。

オフラインモードでは、共同編集やコメント機能は使えません。また、変更履歴も見ることができません。

オフラインモードはデバイスごとに設定する必要があります。

複数のデバイスで同じアカウントを使っている場合は、それぞれでオフラインモードを有効にする必要があります。

まとめ

Google Driveのファイルをオフラインでも利用する方法を紹介しました。

オフラインモードを有効にすれば、インターネットが使えない場所や状況でも、Google Driveのファイルを閲覧や編集ができます。

ただし、対象となるファイルや機能に制限があることに注意してください。ぜひ試してみてください。

シェアしてくれるとうれしいです!
YU SAKURAI
YU SAKURAI
ABOUT この記事を書いた人
北海道在住の社内SE 日々の業務を通じてITの世界に貢献しています。新しいガジェットやサービスに対する情熱が止まらず、最新のテクノロジーを探求するのが趣味、仕事をより効率的に改善する方法を探し続け、その成果やアイデアをブログで共有しています。ITとテクノロジーの世界で新たな発見や学びを共に楽しんでいきたいです。