ThinkPad X1 Carbon第5世代 2017 バッテリー交換方法!

バッテリー交換

ThinkPad X1 Carbonは、ビジネスプロフェッショナルに人気の高いノートパソコンですが、長年使用しているとバッテリーの劣化が避けられません。使用してから5年ほどたった当たりからバッテリーが1時間ぐらいしかもたなくなり、6年たった現在、とうとうバッテリーが充電されなくなり、電源アダプターを差していないと電源が付かない状態になりました。

普段使っていく上で性能的には、まだまだ現役でいけそうなのでバッテリーを交換することにしました。今回、ThinkPad X1 Carbon第5世代 2017のバッテリー交換手順について詳しく説明します。

バッテリー交換に必要な道具

精密ドライバーセット
プラスチック製のスパッジャー(またはクレジットカード)
新しいバッテリー(ThinkPad X1 Carbon用)

注意点

バッテリー交換は、注意深く行う必要があります。特に、マザーボードや他の部品に損傷を与えないように注意してください。
保証期間内のラップトップで自己修理を行うと、保証が無効になる可能性がありますので、メーカーの指示に従ってください。

バッテリー交換手順

①.安全確保: ラップトップをシャットダウンし、電源ケーブルを抜きます。静電気防止のために、金属製の物体に触れて体の静電気を放電させましょう。


②.ボトムカバーを開ける: ThinkPad X1 Carbonの裏側にあるネジを精密ドライバーで取り外します。ボトムカバーはプラスチック製のスパッジャーでそっと持ち上げて開けます。

カバーのねじを外す

持ち上げて上げる時はヒンジ側からあけます。ヒンジの逆側に爪がありますので、無理にこじ開けないように注意が必要です。

爪に注意

③.バッテリーの取り外し: バッテリーは数本のネジで固定されています。これらのネジを取り外し、バッテリーのコネクタをマザーボードから慎重に外します。

ねじを外す

④.新しいバッテリーの取り付け: 新しいバッテリーを同じ位置に置き、先ほど取り外したネジで固定します。バッテリーコネクタをマザーボードにしっかりと接続します。

バッテリー交換

⑤.ボトムカバーの取り付け: ボトムカバーを元に戻し、取り外したネジで固定します。

⑥.動作確認: 電源を入れて、新しいバッテリーが正しく機能するか確認して完了です。

まとめ

ThinkPad X1 Carbonのバッテリー交換は、適切な道具と慎重な作業で自分で行うことが可能です。しかし、不安がある場合は、プロのサポートを受けることをお勧めします。このガイドが役に立てば幸いです。

シェアしてくれるとうれしいです!
YU SAKURAI
YU SAKURAI
ABOUT この記事を書いた人
北海道在住の社内SE 日々の業務を通じてITの世界に貢献しています。新しいガジェットやサービスに対する情熱が止まらず、最新のテクノロジーを探求するのが趣味、仕事をより効率的に改善する方法を探し続け、その成果やアイデアをブログで共有しています。ITとテクノロジーの世界で新たな発見や学びを共に楽しんでいきたいです。