ディアルディスプレイ効率化 ショートカットキーでウィンドウの移動!

キー

今日は、ショートカットキーを使ってウィンドウの移動を効率化する方法をご紹介します。

ウィンドウの移動とは、例えば、メールやブラウザなどのアプリケーションを別の画面に移動したり、画面のサイズや位置を変更したりすることです。

これらの操作は、マウスでドラッグしたりクリックしたりすることで行えますが、ショートカットキーを使うともっと簡単にできます。

ショートカットキーとは、キーボードの特定のキーを組み合わせて押すことで、ある操作を実行することができる機能です。ショートカットキーを使うメリットは、以下の通りです。

ディアルディスプレイ

ウィンドウ移動のショートカットキーのメリット

  • マウスを使わなくても操作できるので、手元を離さずに作業できます。
  • マウスよりも高速に操作できるので、時間を節約できます。
  • マウスの使用頻度が減るので、手首や肩などの疲労や負担を軽減できます。

では、具体的にどのようなショートカットキーがあるのでしょうか?

ウィンドウ移動のショートカットキー

Windows キー + 左右矢印キー:ウィンドウを画面の左半分や右半分にスナップさせます。

Windowsキー+←→

Windows キー + 上下矢印キー:ウィンドウを最大化したり最小化したりします。

Windowsキー+↑↓

Windows キー + Shift + 左右矢印キー:ウィンドウを別のモニターに移動します。

Shift+Windows+←→

Windows キー + Tab キー:タスクビューを開いて、すべてのウィンドウや仮想デスクトップを表示します。

TABキー+Windowsキー

Alt + Tab キー:開いているウィンドウを切り替えます。

TABキー+ALtキー

さいごに

これらのショートカットキーを覚えておくと、ディアルディスプレイで作業する際に便利です。

ぜひ試してみてください。以上、ディアルディスプレイ効率化 ショートカットキーでウィンドウの移動!でした。次回もお楽しみに!

シェアしてくれるとうれしいです!
YU SAKURAI
YU SAKURAI
ABOUT この記事を書いた人
北海道在住の社内SE 日々の業務を通じてITの世界に貢献しています。新しいガジェットやサービスに対する情熱が止まらず、最新のテクノロジーを探求するのが趣味、仕事をより効率的に改善する方法を探し続け、その成果やアイデアをブログで共有しています。ITとテクノロジーの世界で新たな発見や学びを共に楽しんでいきたいです。