大きなExcel表で一気に端まで移動するショートカットキーは便利!

Excel表

Excelで大きな表を作業するとき、マウスでスクロールするのは時間がかかりますし、疲れますよね。

そんなときに役立つのが、表の端まで移動するショートカットキーです。この記事では、そのショートカットキーの使い方とメリットを紹介します。

表の端まで移動するショートカットキーとは

表の端まで移動するショートカットキーとは、Ctrlキーと矢印キーを組み合わせたものです。具体的には、次のようになります。

  • Ctrl + ↑:表の上端に移動する
  • Ctrl + ↓:表の下端に移動する
  • Ctrl + ←:表の左端に移動する
  • Ctrl + →:表の右端に移動する

また、Ctrl + HomeキーでセルA1に、Ctrl + Endキーで表の最後(右下)のセルに移動できます。

表の端まで移動するショートカットキーのメリット

表の端まで移動するショートカットキーを使うと、次のようなメリットがあります。

  • スクロールバーやマウスホイールを使わなくても、素早く目的のセルに移動できる
  • 表の範囲やサイズを確認しやすくなる
  • 表全体を選択したいときに便利(Ctrl + Aキーでも可能)
  • 表の一部を選択したいときに便利(Shiftキーと組み合わせる)

さいごに

表の端まで移動するショートカットキーは、Excelで大きな表を作業するときに必須のテクニックです。ぜひ覚えておいてください。

Excelで横のスクロールはサイドホイール付のマウスが便利!

シェアしてくれるとうれしいです!
YU SAKURAI
YU SAKURAI
ABOUT この記事を書いた人
北海道在住の社内SE 日々の業務を通じてITの世界に貢献しています。新しいガジェットやサービスに対する情熱が止まらず、最新のテクノロジーを探求するのが趣味、仕事をより効率的に改善する方法を探し続け、その成果やアイデアをブログで共有しています。ITとテクノロジーの世界で新たな発見や学びを共に楽しんでいきたいです。